【アンチエイジング始めました】



How I fell in love with Natural Life
>>> アンチエイジング始めましたS

Thank you.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

アンチエイジングしてます

ご無沙汰しておりますがきちんと生きています。
元気で生きています。

お引っ越し作業が中断されていますが、食のこと、健康のこと、心のことを
また「アンチエイジング始めましたS」に書いて参りますので時々は覗いてみてください。(^^)

生存報告まで……。

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事
スポンサーサイト

                                         

ご無沙汰いたしております。

こんにちは!くうさんです。

ブログですが、ただいま「お引越し」作業中でございます。

今後は「アンチエイジング始めましたS」でご覧いただけるように頑張ってます。

「アンチエイジング始めましたS」も更新がゆっくりですが、記事は書いておりますので
是非ご覧ください。m(_ _)m

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

2014年最後のハラでつながる会

こんにちは!くうさんです。

12月14日は「第10回ハラでつながる会」でした。
いつもと違って素敵なレストランでちょっとした忘年会の雰囲気でした。
人数も20人くらいかな?

場所はこちらです。
中目黒の「N_1155」というレストラン


食前にスムージーですよ!
DSC06968_R.jpg

実は以前はニンジンジュースもジューサーで作って飲んでいたのですが、
冷え性は私にはどうも身体に合わないらしくて止めてしまいました。

久しぶりのスムージーは柿など入っているとのことで美味しかった!!(^^ゞ

で、肝心の内容ですが、今回はお食事が始まる前に長沼さんのミニレクチャー。
DSC06967_R.jpg

会のタイトルは「古くて新しい生き方、食べ方、感じ方の秘密」

長沼さんの一年の取材などを通して感じたことを教えてもらいました。

・2015年は戦後70年目

世の中には「70年周期説」があるそうで、社会が大きく変わるのが70年ごとに
あるのだとか・・・。信じるかは別としてもその前が明治維新の頃になります。

何か大きな変化がもしもあるのなら良い方向であってほしいですね。

・社会が変わる前に身体が変わる

社会が大変革するとか起きなくても私達の感じ方や考え方は
どんどん変化しているかもしれません。

インターネットでいろんな情報に触れたり、発信したりするだけでも
個々人の考えも行動も変わってきているかもしれませんからね。

で、長沼さんのお話の中に、実は社会が変わる時はその前に
「人の身体」が変わるのではないかというお話がありました。

明治の日本だと結核だったり、中世ヨーロッパでペストが大流行したり・・・。

その時代を象徴するような病気が現れてはその時代の死生観も変わり、
ライフスタイルも変わっていくし、ひいては社会自体も変わっていったりしたそうです。

で、感染症が現代は薬でどんどん減らすことが出来ていますが、
それに変わって戦後に現れた病気がガンだそうです。

昔はなかったという意味ではなくて、社会問題になるくらい増えている病気として
登場したのがガンだそうです。

これも戦後の人の身体の変化のせいだとしたら変化した理由は?
たぶんライフスタイルの変化や精神的なストレスに対処出来なくて増えたのでしょうね。

長沼さんいわく、発ガン性物質を取ることよりもライフスタイル、精神状態が原因なんではないかと。

例えばチョコレートを食べ過ぎると乳ガンが増えると言われてるそうですが、
そもそもそんなに一人で夜中にチョコレートを頬張りたくなるような
「精神状態」になった原因の方が問題なんです。

要するに「こころ」の状態ですよね。

私もジャンクな食事ばっかりしていて、夜更かし、タバコ、酒と楽しんでも
長生きする人もいれば、とことん食生活や睡眠などに気を使っても病気になる人との
違いとか考えると結局は「ストレスをどれだけ解消出来るか」が大切なのかなと思います。

土橋先生も「ガンはこころの病気」と言われています。
ストレス社会と言われるし、「がんばり過ぎる人がガンになる」と言われたり・・・。

ここまで読まれると「じゃあ、マクロビしなくていいの?」とか「食生活むちゃくちゃでも
精神状態が安定してたらOK?」って思われるかもしれませんね。

・腸内環境と感情

そう思いきや!
やっぱりその「感情・こころ」を安定させたりするには先ずは感じる場所としての
「ハラ(腹・腸内環境)」が大切なんですよ!

何度か書いてきましたが、腸(口から肛門までの管)から始まった私達。
その名残で腸には神経など「感じる」センサーや免疫など大切な物が沢山集まっています。

「腹が立つ」「腹黒い」など感情を表す言葉も多いですよね。

この腸がキレイでしっかりと機能していないと「感じる」力も衰えます。
長沼さんの言い方だと「感情の劣化」が起きると・・・。

例えばですが嫌いな人をとことん嫌いとか、そこから被害妄想で犯罪に走るとか・・・。
普通ならすっぱり考えるのも止めることをずっと続けたりするのは「感情が劣化してる」状態。

そんな状態を生み出すのは頭の前に「ハラ」なんですって。

性格とかもあるにしてももっと「ハラが据わった状態」なら乗り越えられることも
乗り越えられない人が結局はストレスにも負け安いし、腸内環境が悪いから
免疫力も弱くて病気にもなりやすくなる。

先ずは腸内環境がキレイな状態から「食べ方」も「生き方」も考えてみるべきかも
しれませんね。とりあえず腸から!!

・人は植物で癒される

「ハラ」つまり腸内環境改善は感情のクリーニングにつながるし、
ストレスも自分の受け止め方次第ですから上手にかわしたり出来る状態に
するための第一歩なんですね。
(考えるとかいう頭の作業はその後のこと。)

で、腸内環境改善に何がいいのか?!

やっぱり全動物がコレなくしては生きてけない物「植物」が大切になってきます。

野菜を食べることだけではありません。
酸素も植物のおかげですし、アロマテラピーも植物オイルの癒やし効果を利用してます。
お肉は「野菜を食べた動物」を食べるわけですからこれも植物のおかげ。

実は癒やしから栄養素まで何でも植物から取れるんですよね。(^^)ありがたや。

そしてこの植物が体内で血となり肉となる助けになるのが「発酵食品」

発酵食品自体が味噌や梅干しなど植物ですが日本人はとってもこれらを
上手く取り入れて生きてきたし、そういう意味では昔の人の方が「ハラ」もキレイで
「据わって」いたかもしれませんね。

今の私達はどうだろう?
時代や環境のせいにするのは簡単ですが、「腹が据わった」人は少ないかもしれませんね。
自分自身も含めてですが、ストレスに弱いというか何でも簡単に「ストレス」として
受け止めてしまう感覚自体がヤバいのかも・・・と思います。

・日本人の優しさは野菜のおかげ?

戦後急激に食が西洋化してお肉料理も増えましたよね。

良いとか悪いでくくる必要はないとは長沼さんの言葉。

確かにそうなんですが、どうしても動物性蛋白質が増えると腸内環境は「腐敗」に進みます。
逆はもちろん「発酵」です。

腸の中が腐敗よりは良い菌が元気な発酵の状態の方がいいに決まってます。

でも「腐敗」に進ませる悪玉菌の多い状態っていうのは食事以上にストレスなどの
精神状態の影響が大きいそうです。

だから「ストレスいっぱいのベジタリアン」では意味がない(笑)

食事はストレスケアの面があるそうです。(確かに!)
人に言われて食べるよりは自分が食べたいと「感じた」物を食べるのがいいかもしれませんね。

でもね、これは私の思ったことなんですが日本人は神仏混合も平気なとっても
大らかな民族性が有りますよね。
これは昔の人は穀類や野菜を食べて腸内環境も良くてこころの状態もとても
良かった人が多かったからではないかと・・・。

ヨーロッパなど西洋の歴史と比べると日本は多民族や他宗教の人を
皆殺しにするような歴史(事件・戦争)があんまりないそうです。

日本人があんまり排他的でない民族性を持ったのは野菜と発酵のおかげではないかと(^_^;)
ちょっとそんな気がするんですよね。

だとしたらこれからは日本人の気質もちょっと変わってくるかもしれませんね。
自分が食べたいと「感じた」物が発酵に向かう物か腐敗に向かう物かで違ってきそう。

まぁ、私はまったりと草食系で生きていこうと思います。
なるべくキレイな腸内環境で!!

最後にいただいたお料理をちょっとご紹介します。

かぼちゃのポタージュ
DSC06969_R.jpg

野菜のバーニャカウダー
DSC06971_R.jpg

グリル野菜と雑穀ごはん
DSC06972_R.jpg

これならハラもキレイになりそうです。(^^)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

私達は膜で包まれている

こんにちは!くうさんです。

毎月参加している「ハラでつながる会」
DSC06919_R.jpg
上のイラスト見えにくいかもしれませんが、ハラでつながる会は
「頭で数値化出来ること」だけ考えるのではなくて、体(主に腸)で数値化出来ない感覚や
世界、自分自身を感じてみよう」という勉強会。

例えばレモン1,000個分のビタミンCをジュースで飲んでもそれは化学物質で、
決してそのまま身体に吸収されるとは限りません。

でもどうしても「数字」だけを見て信頼しちゃいますよね?
生きているとほぼ全てのことがそうじゃないですか?
株価からビタミン含有量、健康診断の数値などなど・・・。

そういう頭だけで生きているともったいないからそこを脱する方法を探そうというのが
この会の面白いところだと思います。

ちなみに前回の記事のひーこーさんのセミナーでもホワイトボードに人の状態という意味で
逆三角形と三角形を書いてました。

もちろん逆三角形(頭でっかち)状態ばかりだと足元がしっかりしないから
もう少し三角形の状態(丹田に力が集まるとか、体軸がしっかりしてる状態)を
ツボや経絡、筋肉から目指すセミナーでした。

ひーこーさんのセミナーでも長沼さんがいつも書かれるような三角形の話が出たので
頭ももちろん大切なんですが、現代はもう「頭でっかち」が究極のところまで来てるのかもしれないですね。

で、11月の身体感覚セミナー「ハラでつながる会」のお話をご紹介したいと思います。

今回のゲストは藤本靖さん(写真の左側)


実は存じ上げなかったのですが、以前に彼の本は買って読んだことがあったんです。
↓↓
疲れない身体になる方法 引っぱって、ゆるめて

DSC07010_R.jpg

偶然なんですが、不思議なリラックス法「耳ひっぱり」の著者と会えるとは!
ちなみにこの「耳ひっぱり」は不思議ですが気持ちいいです。
ひーこーさんのセミナーでもやりましたよ。

藤本靖さんは「ロルフィング」という簡単に言うと整体のようなお仕事をされてるそうです。
何というか多彩な経歴の持ち主のようです。
↓↓
藤本靖公式ホームページ

で、今日は「膜」についてのお話でした。
ロルフィングでは筋膜などに働きかけて体のバランスを整えたりするそうです。

「膜」っていきなり言われても「????」ですけどね(笑)
DSC06921_R.jpg

でも、実は私達は「膜」があってこその生命体なんですよ!
DSC06922_R.jpg

細胞膜に始まり、筋膜だったり、胃粘膜だったり・・・。
胃も肝臓も全ての臓器は膜で包まれてこそ形を形成出来ています。
そしてそれらは筋膜などで全てつながっているそうです。

体の全ては膜で包まれつながっているからこそツボ押しが
ある内臓に効果があったり、足裏マッサージで内臓に刺激が伝わったりするそうです。

だから膜の働きは・・・
1.スペースを作り出す
2.つながりを作りだす→自己調整力が生まれる

足裏反射区とか「ほんとかよ~?!」と思ってませんか?
私も信じるにしても根拠がよく分かっていなかったので、このお話で納得です。

そして、膜はいろんな物の境界線でもあり、流動性のある場所です。
DSC06923_R.jpg

この「流動性」というのがとても大切で、これが滞ると健康にも差し支えます。

流動性って要するに「入れたり、出したり、流したり、止めたり・・・」ってことですよね。

西洋医学だと「取り込んだ(食べた)栄養は全て細胞に取り込まれる」と考えます。
でも、そうではなくて消化(流動)がきちんと働いているかによって違ってくるんです。

「膜がきちんと働いているか?!」が生きていく上で大切なんですが、
これは実は「体」だけではないというお話になりました。

DSC06929_R.jpg
上の写真は見えにくいかもしれませんが「あらゆる局面に存在する膜」について書いてあります。

細胞には細胞膜。器官には筋膜。
そして、個体には「間合い」があり、社会には「境界」がある。

そう言われるとそうなんですが、人との「間合い」が上手に取れると
確かにストレスも少なく過ごせますよね?

そして社会の境界線というのは国境だったり、小さくは集落だったりすると
思うのですが、周囲と上手にやり取り出来れば国単位だったり、家族単位で
より良く過ごせるかもしれないですね。

「膜=流動性」と考えると実は生き方全体に関わるものなんです。

そんなこと考えたこともなかったのです。(・_・;)
でも、人と人との関わり合いのなかで真ん中に共鳴したり、共振する何かがあって、
それを大切にするとか考えるとちょっとだけ人間関係も作りやすくなる気がします。

細胞から人間社会まで全てが「膜」に包まれている。
面白いお話でした!

体の健康そのものに関心を向ければ筋膜や細胞膜が元気に働いて
流動性があることが大切で、心の面でも見えない膜を上手く共鳴させると
分かり合える感覚が増えて人間関係も良く保てるのかなと思いました。

今日のお話は健康のための呼吸法や姿勢のお話もありました。

食べた物が栄養としてちゃんと流動(消化)してくれる体を目指して
やっぱり「腸」を大切に、食生活を大切にして過ごしたいと思います。

でもそうしたテクニックのお話の前に自分たちの体の成り立ちを知れたことだけでも
面白かったですし、自分の体調を感じ取る参考になった気がします。

みんないろんな膜に守られて生きている・・・。
ちょっとだけそんなふうに考えて過ごしてみませんか?

新たな発見があると思いますよ(^^ゞ

DSC06930_R.jpg




他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

東京こころとからだ塾 子宮と胃腸をケアしましょう

こんにちは!くうさんです。

さて、ひーこーさんの個人セッションの次は初めてセミナーにも参加してみました。

子宮と胃腸のセルフメンテナンスがテーマです。
どっちも弱り気味と思われる私にぴったりのテーマ!
(いいことじゃないですね(-_-;))

参加者は20名ほどかな?
とにかくみんなでいろんな実験をして「納得」しながら講義は進みました。

下の写真は一例ですが、とにかく実践することで体がほんとに
少しの動きや意識で変わることを体感出来ました。


で、なぜに子宮と胃腸がセットのお話かというと、
子宮の上には小腸があり、横には大腸があります。
腸が弱って動きが鈍くなり、子宮の方に落ちたり、迫ったりすると
子宮はそれだけで大変苦しい状態になるそうです。

下の写真は真ん中の座ってる女性が子宮だとしたら横にいる男性二人は大腸だそうです。
DSC06945_R.jpg
子宮自体の問題ではなく、ムギュムギュって頭は小腸に押され、
横からは大腸に押されてそのせいで子宮の調子が悪くなっている場合が有るんだそうです。

しかも骨盤底筋群が弱っていると小腸などに上から押されてるのに下の支えはないはで大変!!
子宮の位置ってすごく他の内臓の影響を受ける場所だったんですね。

でも、胃腸系が弱い人は多いと思います。
今回は経絡などから胃腸をケアして子宮への影響を減らすことと、
子宮自体へのアプローチの方法を学びました。

子宮が無い方もそこに残るエネルギーにアプローチしたり、男性なら「丹田」を
意識すると良いそうです。

そうそう!「丹田」はとにかく常に大切な場所です。
しっかり意識すると体が安定します。考えてばかりの頭に行ったパワーや血液を
ここに戻す「イメージ」をするだけでも落ち着きますよ。

何をするにもここを基準にするといいと思います。

やっぱり「ハラ」が大切なんですね~!

で、沢山あり過ぎるので、一部になりますがご紹介します。

恥ずかしながら私の足(-_-;)
エレキバン貼ってる親指下が「公孫」でかかと真ん中が「照海」というツボです。
DSC06954_R.jpg

公孫は太ももの内側に流れる「脾経」の流れを刺激します。
甘いもの好きは脾経が弱りやすく、弱っていると小腸などが弱ります。
つまり栄養吸収の力が弱まるそうです。

脾経が弱っていると外反母趾もひどいそうですよ。
スイーツ大好きな皆さん、外反母趾か確認要です!

でね、公孫にエレキバンを貼ると・・・
DSC06947_R.jpg
内ももに力が入って、クリアファイルをしっかりと挟めたりします。
この方も最初は引っ張れずにクリアファイルを引き抜かれてたけど、
貼ってからだとひーこーさんの引っ張る力に対抗出来てました。

だから公孫を押すだけでなく、内ももを鍛えることも大切です。
足をぴったりつけて座るだけでもかなり違うと思います。

「照海」は前回の記事をご覧ください。
ネットで調べていると冷え症女性には大変いいツボみたいですよ!

最後に子宮のあたりを触りながら子宮を正しい位置に戻すイメージング。
DSC06951_R.jpg

「イメージング?!」と侮るなかれ!!
スポーツ選手もイメトレしますよね?

自分の体なので、意識を向けるだけでも言葉にするのが難しいのですが、
「落ち着く」感じは生まれてきます。
私はお風呂で毎日やってますが、ほんとに子宮が動くかはともかくとしても
「自分の体に意識を向ける」という普段やらないことをする時間が大切なんじゃないかと
感じ始めています。(^^ゞ

いろいろとご紹介したいですが、今回感じたのは「イメージすることの大切さ」です!
勉強会中もただストレッチしたり、ツボを押すのではなくて、それがどう効果を出してくれているか
イメージしながらやってみることで本当に体がブレなくなって押されても倒れないとか、
凝りがほぐれたりと自分でも驚くことがいっぱいありました。

どんなことにも通じるかもしれませんが、「こうなりたい」とイメージしながら
治療したり、あるいは日々行動するって大切なんですね。

別に宗教ではありませんが、「祈る」ことが効果があるというアメリカの大学の研究が
あるくらいですから、これからは「こうなりたい」的イメージも大切にして
運動したり、生活してみようと思いました。(^^)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         


About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。