スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

赤ちゃんのこと考えたら・・・。

こんにちは!くうさんです。
先日は表参道の「生活の木」にふらりと立ち寄り、面白そうな催しに遭遇。
DSC06189_R.jpg

毎回シェイクして使うボディアロマジェル!
「朝シャッキリ」「昼ルンルン」「夜おやすみ」と三種類から一つ選んで作成。

お値段も安いので作ってみました!



私は目覚めが悪いので「朝シャッキリ」を作ってみました。
光毒性を抜いたレモンのアロマオイルなどが材料です。

お近くの方は是非試しに行ってみてください。
「生活の木」は全国に店舗があるからどこでもこんなイベントがあるんじゃないかな?

ところで、アロマオイルなどは「植物の香り」で癒やされたり、治してもらうわけですが、
「陰陽」でいうと「香り」ってどちらだと思いますか?

答えは「陰」です。
「目に見えない物、拡散するもの」は「陰性」なんだそうです。

先日、メダカのがっこう主催の「兎龍都さん講演会」に午前の部だけ参加して来ました。

メダカのがっこう活動報告:兎龍都さん講演会

「私なりの」詳しいレポートはきちんとまとめますが、私が最近気になっていたことを質問。
午後の部は参加出来なかったので後日、回答だけいただきました。

「どうして30歳代後半から不妊が増えたり、障害を持った子どもが産まれる確率が高くなるのか
見解をお持ちでしたら教えて下さい。」といった内容。

テレビでも出生前診断の話もよく流れてますよね。
ダウン症のお子さんが産まれる確率も年齢と共に上がるとか・・・。

私ももし子どもを授かるとしたら超高齢出産(・_・;)
これらの情報に対して「じゃあ、どうしてそうなるの?」て答えは流れないでしょ?

「陰陽」の学問(易学)を確立した中国の伏義は「陰陽で解決出来ない問題はこの世に
一つもない」と言ったそうです。それを証明したのが桜沢如一氏。

その桜沢如一研究の大家である兎龍さんなら答えがあるかな?と・・・。

で、もらった回答
『昔は50歳代でも五体満足の赤ちゃんを沢山産んだものですよ。しかも子沢山で母子共に元気!
いつの頃からか30代も半ばだと赤ちゃんが授からなくなるなんてやっぱり食生活の
問題じゃないかしら?添加物や農薬、日本人に合わない食生活で体が狂って来てるだけだと
思いますよ。
ちゃんとした食事をしていたら問題ないです!50歳近くても健康な赤ちゃんは産めますよ!」

お~。昔は子沢山の上に高齢出産もバンバンあったそうです。

確かに私の父(現在64歳)は「1歳だけ年上のおじさん」がいます。
ピンと来なかったら家系図書いてみてください。

父や祖父の年齢から換算すると私のひいおばあさんが「1歳だけ年上のおじさん」を
出産したのはどう考えても45歳以上の時です。

現代の私達の感覚からすると「元気だなぁ」(・_・;)ですが、当時は珍しくもなかったようで・・・。

私的にはとても納得の回答でした。ワタシ的にはですよ(^_^;)

これは「陰陽」(易学)を研究する大家の言葉です。
全く信じない方もいらっしゃると思います。

戦後の食の欧米化や農薬、添加物の大量使用が始まったことと
私達の健康との因果関係が科学的に出されたわけでもないでしょうしね。

口の悪い人は「まだまだ日本は人体実験中だ」なんて言いますが、
それくらい戦後激変したことの結果は見えてるようで見えてないのかもしれません。

ただ、不妊などで悩んでいる方が「よし!何かまた違うアプローチを!」って
思った時に少しでも参考になればいいなと思い書いてみました。

私自身はと言えば・・・結婚しておいてなんですが、これから
「挑んで」みたいなと(笑)。
めちゃ多忙だったものでね(^_^;)

でも、とにかく安易に薬や添加物だらけの加工食品に頼らずに過ごして
いつかハッピーな発表が出来たらいいなって思っています。

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

みんなの悩みは同じですね。

こんにちは!くうさんです。

今、「塩」について「アンチエイジング始めましたS」に書いています。
とっても大切なことだと思うのでつたない文章ですが、一度読んでみてください。

まだ完結してませんが、こちらです。

塩について学んで来ました その一

塩について学んで来ました その二

その三も近日中にまとめたいと思いますので、お待ちくださいね。

DSC05902_R.jpg

今日はメダカのがっこうのお店「お米ダイニング」のお客様感謝デーということで行って来ました。

上の写真は全て来店記念のサービスでいただいた物です。
お酒まで飲んじゃいましたよ(^^)

DSC05901_R.jpg

おむすびも注文してから握ってくれます。玄米のおにぎり2個は梅干し入りと甘酒味噌くるみ(・ω<)

究極に美味しかったのがコチラ!
DSC05903_R.jpg

理事長が作られた「玄米のおせんべい入りにんじんポタージュ」

豆乳も牛乳も使用せずに玄米のおせんべいをフードプロセッサーで砕いて混ぜることでとろみも出るそう。
市販のブイヨンを使わずに野菜のヘタや芯などの普通なら捨てる部分で出汁(ブイヨン)を作り、
にんじんや玉ねぎ、生姜を使って作ったそうです。多分、誰もが普通のポタージュだと思うと思います。

ちなみに今日はその玄米おせんべい「玄米の力」も記念品でいただきました。
DSC05913_R.jpg

「これで食養とか興味のない主人に黙って食べさせたらバレないの。」なんて笑ってらっしゃいました。

それで今日書きたいと思ったお話は、「主人が私の食事(食養・マクロビ的)を嫌がるの」との話題。

お米ダイニングでお食事をいただいたり、料理教室に参加しているとけっこう聞こえてくるんです。
この手の悩みが・・・。

でも絶対に無理強いはいけません。(・_・;)
お肉や牛乳も良くないというか、危険だと分かると教えてあげたくなるのが家族の愛情ですが、
人間て押されると引いてしまうものですからね。

メダカのがっこうの理事長さんにもずい分と前に「人それぞれだから押し付けないこと」と言われました。
そりゃそうだと思いつつも家族の健康を思うと頑張りたくなりますよね?

でも、そこが頭デッカチで理屈や理論だけで食べ物を捉えてしまう危険を秘めてると思うのです。
もっと気楽に自分が辛いと感じない生き方をしないと自分が病気になってしまいますから!

周囲から得る情報だけで決めないで心が美味しく楽しく食べるのが健康には一番です。

だって添加物や残留薬物が心配なお肉などの動物性食品、農薬の事などなど、
心配したらキリがありません。少しずつ減らしていけたらなぁと思います。

そしてそういう物を買わないことが社会も変えていきますからね!
微力も集まれば大きくなりますから徐々に頑張りましょう(^^)v

結論としては家族の食事もこっそり変えていくのが一番かと(笑)
まぁ、若杉おばあちゃんも「男の人はたまには肉や卵も食べないとね。」と言われてますしね。
ちょっとくらい、いいんでないですか?(^_^;)

頭(理屈)で考えてもいい結果は出ませんから、腹(感情)が健康だと感じる食生活を目指しましょう!


無理やりつなげた感じもあるんですが、今日は「ハラでつながる会」の3回目に参加して来ました。
こちらのお話もまた書きますね。

今までの記事はこちら→「ハラでつながる会」シリーズ

DSC05914_R.jpg
トートバッグです。カワイイでしょ?
これで田植えなどに出掛けようと思います。(・ω<)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ありがとう、おばあちゃん!

こんにちは!くうさんです。

「アンチエイジング始めましたS」を21日に更新して以来、お久しぶりです。

7月13日からの三連休と休暇をプラスして帰省したお話を書いたのですが、
実は7月22日に母方の祖母が他界しました。92歳の大往生でした。

2週連続で帰省してお葬式にも参列し、昨夜東京に戻りました。

もう2年以上は寝たきり状態で、1年半前からは「胃瘻(いろう)」で栄養を取りながら
生きている状態でした。最後にちゃんと言葉を聞いたのもおそらく1年以上前のことです。
いつこんな日が来てもおかしくはなかったのも分かっているのですが、
それでも家族にとっては突然でした。

三連休で帰省した時はしっかりと私を見つめてくれていたので「まだ生きてくれる」と
安心して東京に戻ったのを覚えています。

でも、いつも焦点が合わない目つきで私たちのことも分かっているとは
思えない状態だったことを考えるとあの目は「最後の挨拶」をしてくれていたのかもしれません。

通夜も葬儀もごく少人数の家族だけで葬祭会館で行なわれました。

最後に棺の蓋を閉めて斎場に運ぶ前にみんなで花をおばあちゃんの体や顔の周りに
飾りました。

正直言って、認知症のおばあちゃんとこの数年は何もまともに会話出来てませんでした。
そんなおばあちゃんになんて声をかけよう?と葬儀の時に思ったりもしましたが、
やっぱり一言に尽きました。

私はおばあちゃんの頬や頭をそっと触りながら「ありがとう」と声をかけました。

眠っているような顔はドライアイスのおかげでとっても冷たくて、
「あ~、おばあちゃんは天国へ行ってしまったんだな。」と実感しました。

私や妹も母もみんながしゃくりあげて泣いていました。
小さい頃は怒られて「ヒック、ヒック」としゃくりあげて泣いたりしたけれど
大人になるとそんなことも減ります。

我ながらそうして泣いている自分に驚いていました。

92歳と5ヶ月も生きたおばあちゃん。大往生です。

そんなおばあちゃんは私が生まれたころからすぐ近くに住んでいたので、いつも一緒でした。

お菓子を買ってくれたり、お小遣いをくれたり、いろんな所に一緒に出かけたのも思い出します。
小学生だった頃、日曜に三宮という神戸の繁華街まで出かけて美味しいランチを食べさせてくれました。
妹や私をとても可愛がってくれました。

とにかく優しい人でした。母たちも言ってましたが人の悪口など一切言わないし、
私たちのことも常に褒めてくれていました。
おじいちゃんのことだけは怒ってることがありましたが(笑)

もう十分に生きてくれたと理性では分かっていても、心はどうしても寂しさが勝ちます。
20年近く前に祖父が亡くなった時も号泣したのを覚えていますが、
改めて家族が亡くなるってこんなに悲しいんだなと思いました。

92歳のおばあちゃんが亡くなってもこんなに悲しい・・・。
これがもし30歳代や40歳代の家族だったらどんなに悲しいだろう?


今、食生活は豊かになりましたが、ガンで亡くなっている人の人数は
50年くらい前と比べると三倍以上になっているそうです。

人口も違いますから比較は簡単に出来ませんが、このままだと
若くして亡くなる方も増えてしまうかもしれません。
それはきっと大往生のおばあちゃんが亡くなるよりも、もっともっと悲しいと思います。

私はお医者さんではありませんが、なるべく健康的な食事をして元気で過ごす方法を研究中です。

今のところ、「ご飯とお味噌汁」という日本人のスローフードを大切にすることくらいしか
自分では確信を持ってオススメ出来ることはありません。

それすらもまだまだ若杉友子さんの受け売りみたいな域を越えていません。

でもおばあちゃんの死に対面して思ったんです。

「みんなで元気に大往生出来るようになりたい!」と。

こんな悲しい気持ちはどの家族もが「こんなに長生きしたら十分だね」と言われる位に
生きてから感じてもらうのが一番!

沢山の人が元気にアンチエイジングして長生きしていけるようにこれからも
頑張ってブログから発信していこうと改めて決意しました。

皆さんといろいろ有益と思える情報をシェアしていけるようにまた頑張って書いていきますね。


ところで、葬祭会館の人が妹に話したことなのですが、赤ちゃんや一部の人には「見える」そうです。
「見える」人はいつもすぐに辞めていってしまうとか・・・。

そして葬儀の翌日ですが、横で寝ていた甥っ子ちゃんが朝の6時頃に一人で
赤ちゃん言葉をしゃべっているので目が覚めました。

横を見ると天井を見て笑顔で「あ~、う~、ちゃ~」とか話ながら楽しそうに手を叩いていました。
それがなんだかいつも誰かにあやされている時の仕草と顔つきにしか見えず・・・。
もちろん天井には何もありません。

う~ん・・・会いに来てくれていたのでしょうか?
私たちにはもうそれは未知の世界ですが、そう思うと今もそばで見守ってくれているのかもしれません。

そんなことがあった翌日、アメリカに住むおばが日本に帰って来ました。
おばあちゃんの家を片付けたり、そばで数週間は過ごすそうです。

私たちはおばあちゃんの家で記念に写真を撮りました。
おばが偶然変なポーズをしてしまってみんなで大笑いしたりしました。

一緒に笑ったり泣いたり出来る家族がいる。
そしてルーツはおばあちゃんなんですよね・・・。
甥っ子ちゃんもおばあちゃんの血が流れてるわけです。

こうしてみんなで過ごせる時間もおばあちゃんたちが生きてきてくれた証です。

私たちにはもうおばあちゃんの姿は見えないけれど、きっと見ていてくれると信じて書きます。

「ありがとう、おばあちゃん!」

写真(お花)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

何事も慣れではないでしょうか?

こんにちは!くうさんです。

なるべくご飯を食べてますが、たまにベーグル(卵・乳製品不使用)も頂いたりしてます。

で、ブログにもらったコメントを読んでいて食べたくなって久しぶりに・・・

プンパーニッケル(ドイツパン)買っちゃいました。
DSC03524.jpg

成城石井で購入。
原材料は「ライ麦粉・食塩・酵母」です。

きっと食塩は普通の精製塩だろうけど、精製された小麦粉のパンよりはずっと
食物繊維も多いと思います。パンを食べるならなるべく全粒粉の物を食べたいし、
これってけっこう美味しいんですよね(´д`)

「三白の害」(白米、白砂糖、精製塩)をなるべくなるべく避ける生活を心がけているので
全粒粉のクッキーやパンを見かけると嬉しくなってしまいます。

でも、パン屋さんに入ることもほとんどなくなってしまいました。
6月を振り返ってみるとたぶん粉物食べたのは3回くらい。

無理に我慢してるわけではないのです。
最初は「体の為にパンを減らすぞ」と意気込みと共にすごく我慢してた気がします。
いつの間にか「我慢」の感覚は無くなっていました。

そう考えるとやっぱり食生活も「習慣化」が大きいのかなと思います。

つまり・・・
「続けてるとそのとおりにそれが食べたくなる」
「一日3食べていれば満腹だろうとその時間に食べたくなる」

考えてみれば、動物はみんな「エサにありつけた時」が食事時です。
人間だけが何がなんでも一日三食というのもおかしな話。

完璧に習慣化されて「脳」がそう思い込んでるだけなのかも・・・。
慣れてしまったことは無意識でも出来るじゃないですか?それと同じです。

だから自分がちょっとずつ食生活を変えていきながら気づいたのは
「ある程度我慢の期間が過ぎたら、次の習慣に意識も身体もなって来る」ということ。

だから今は無理やり我慢してる物って無くなった気がします。
コーヒーもお肉もお菓子も前ほど「欲しい」と思わない。(多少は食べますけどね。)

自分では大発見だなって思います。\(//∇//)\

健康の為に止めた方がいい物って沢山ありますよね。
お菓子もコーヒー摂り過ぎNG!タバコやお酒もかな?

「無理やり我慢するのも身体に毒」って意見もよく伺うんですが、
新しい習慣が身につくと後は楽です。

もし何か止めたり減らしたくて苦戦してるようでしたら
「ちょっと」だけ頑張ってみてはどうでしょうか?
ゴールがないってことはないと思いますよ。(私の経験からで恐縮ですが)

なんて考えながらプンパーさんをムシャムシャ食べました(笑)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。