スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

勉強して来ました! その三

こんにちは!くうさんです。

さて、安保先生の講演会の続きを書きたいと思います。

「皆さん、血圧もね、高い人は高い理由があるんですよ。概して集中力があって活発な人ですね。
 学会の基準で高血圧と診断されても自分が元気ならいいんですよ。
『顔色と便通』が良ければ心配ありません。人間が勝手に決めた基準に振り回されない方がいいんです。
40年ほど前の正常値では上は160でした。それが、今は130です。その方がお医者さんは儲かりますからね。
私は血圧なんて測りませんよ。血圧も遺伝が影響してると思うんです。」


・・・これは安保先生の言葉ですからね。私じゃありません(笑)
でもちょっと思いあたります。くうさんはすんごい低血圧(上がいつも90ないかも)です。
検診とか行くと「立ちくらみに注意して」とえらくクドクド言われます。
「めまいも立ちくらみもほとんどしません。」って言ってるのに(苦笑)
人には人の血圧があるのかな?ってなんとなく思っちゃいました。

でも、これ以降に書く先生の話の全てに通じるんですが、「自己責任」で自分を管理した上でのことだと
くうさんは思うので話を丸呑みはオススメしませんです。

で、続けて・・・
「人間のDNAは38億年の記憶があるんです。上手く生き抜く術を備えてるんです。間違いを起こさないですよ。では、なぜ病気になるのかと言うと生き方に問題があるんですねぇ。」

「身体は脳(意欲)が行き続ける努力をすれば応えてくれます。
老人になっても元気でいたいなら筋肉を鍛えたり、精神活動(趣味や勉強って意味と思います)を鍛えたりを続ける努力が必要ですね。」

・・・なんか哲学的だな。
あまりにもお医者さんや薬に他力本願にならずに自分で自分を見つめなおせってことですかねぇ・・・。

「今増えている膠原病の類もストレスで甲状腺ホルモンのバランスが崩れて起きるんです。治らないって思う人も多いですね。それは違うと思うんです。
『難病指定』もね、研究費や治療費を公的に助成してもらって治療に役立てようと始まった制度ですが、
いつの間にか『治らない病気』と思ってる人(医師)が増えちゃいましてね。」


甲状腺機能の関わる病名をあげていろいろ説明されました。
ちょっと難しいし、間違ったことは書けないので書きません。本当にごめんなさい。

全体を通して先生は「まずは自分の健康を自分で守りなさい」って言いたかったのかな?
大切ですよね。病院に行くことを否定したりはしないですけど治すのは自分だし・・・。

こんな調子でまだまだ続きます。
ガンに対する先生の見解など、またメモするのに苦労した話が続きます。
高校の生物の時間を思い出しました(笑)
今回はちょっと短いですが、くうさんのメモ上、キリがいいのでここまでにしますね。

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事
スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

面白いことがいろいろありました

こんにちは!くうさんです。

早いとこ安保先生の講演会の内容を書きたいのですが、ちょっと脇道にそれます。
ご報告があります(笑)

週末、初めて「スカイプ」を使って彼と話しました。
面白いですね~。TV電話だぁ!ドラえもんの世界だぁ!!
・・・はい!かなり時代には遅れてます!でも楽しかったです!
これで海外に住む親戚と話そうかなぁって思ってます。

1年も前に伯母に「スカイプ使いなさいよ」と言われていたのに
「よく分からないよぉ」と全く使おうともしていませんでした。

やってみるととても簡単でした!
還暦を過ぎてる伯母に負けてましたね。
こういう心の柔軟性の無さも「老化」だなぁ・・・って反省しました。

せっかくだからこれからはスカイプを利用した英会話教室にも挑戦してみようかな?
いろいろモチベーションアップしまくりです!

それと、偶然見たTV番組の内容が面白くて是非見て欲しくて紹介したいと思います。
NHKの教育TV(Eテレ)スーパープレゼンテーションです。

4月23日放送分で「ジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」」なんですが、
神経解剖学者の彼女が左脳側に脳卒中で機能を失われながら右脳の作り出す不思議な感覚を体験した話を
紹介しています。
もう、それは「悟り」の世界のような話なんですが、現実に右脳と左脳がこんなにも違うということを
すごくリアルにユーモアを交えて語っています。
再放送が4月30日(29日深夜)0時45分からあるので是非見てください!

瞑想してみましたを読んでもらうと分かってもらえると思うんですが、
「自分が考えてる」ってことも脳に「そう考えさせられてる」面があるらしいのです。

不思議ですよね~。
そんな「脳」について知ると今の自分の考え方や悩みの解消方法も見つかるかもしれません。
なんだかんだ言って「精神」が元気だと「身体」も元気でいられますからね。

次回は講演会の続きを書きますので・・・少々お待ちください

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

勉強して来ました! その二

こんにちは!くうさんです。
お久しぶりです!1週間ほど旅に出ておりました。
・・・と、言っても友人の結婚式に出席したり、帰省したりなんですが、
このお話もまた書きたいと思います。

では、前回の続きです。安保先生の講演について・・・
で、先にこちらを読んでくださいね。→勉強して来ました! その一

最初の話が、
「今って青鼻を垂らした子供もいないし、イボで悩む人もあまりいませんね。
昭和20年~30年代なんて沢山いましたよ。どうして罹る病気が60年位の間に変わったのか?
たった50~60年の間にDNAは変わらないです。生活様式が変わったんですね。」


なるほど、くうさんの幼少時代も青鼻垂らした子は一人くらいしか思い出せません。
でも、その子を思い出して笑ってしまいましたが・・・。

「昭和20年~30年代は寒くていつも飢えていて厳しい環境で生きていたんです。
こうなると交感神経優位の状態が続いて顆粒球が増えすぎて炎症を伴う病気である
「副鼻腔炎や中耳炎、虫垂炎」等が当時のメジャーな病気となった。
ね?昔みたいに子供の「虫垂炎」(盲腸)なんて耳にしないでしょ?」


そー言われたら盲腸とか耳にしませんね。

「イボはね、子宮頸がんのウイルスと同じウイルスで発生するんです。
これもやっぱり当時は交感神経優位の生き方で、ウイルス感染した細胞を殺すリンパ球
少なかったんでしょうね。私たちが子供の頃はイボを取りたくて悩みましたよ。」


( ゚Å゚)ホゥ イボってそんな原因だったんですね。免疫力が低下するとできるんだ・・・。

「今の子供は恵まれた環境で当時とは真逆の生活様式です。だから副交感神経優位で免疫過剰の病気になる。 それがアトピーやぜん息ですね。生き方で病気は生じます。だから生き方を変えないと病気も治らない。
お菓子やジュースを沢山取りながらステロイドを塗っても薬を服用しても意味がないんですよ。」


う~ん・・・確かにアレルギーを持つ子供は増えているらしいし、青鼻垂らした子供は減りましたから
先生の言う「生活様式・生き方」の変化は私たちの悩む病気の種類も変えて来たのかもしれません。
それが自律神経のバランスによるものだとしたら私たちはそれを中庸な状態に出来たら病気にも
罹りにくくなりそうですね。

「じゃあ大人はって言うとね、真面目で頑張りすぎて仕事も忙しくて緊張の毎日です。
交感神経優位でどんな病気が増えてるかと言うと「胃炎・歯周病・痔」みたいな炎症を伴う病気ですね。
もっと緊張が続くと血管が悪くなって「狭心症や不整脈、くも膜下出血」みたいな病気を呼んでしまうんです。」


ただ先生がおっしゃるには性格もストレスの増減に大いに関係するとのこと。
まぁ・・・責任感の強い人と無責任な人ではストレスの感じ方もずいぶん違いますよね。納得です。
私たちはなるべくクヨクヨしない前向きな考え方で過ごすことがやっぱりバランスよい自律神経を保ち、
ひいては健康を保つことになるんですね。

「今の老人はね、薬を飲みすぎです。痛いとか炎症がある時はその部分に血流障害がある。
免疫機能はそこの血流を回復するためにプロスタグランジンという物質を作る。
それが血流をよくして治す際に痛みや炎症を発生させるんです。
だから痛いからって消炎鎮痛剤を長期服用してたら自分でプロスタグランジンで
治るチャンスがなくなるし、もっとそこが傷んでしまうんです。」

この後も沢山のお話が続きます。くうさんは医学知識はないんですが、とにかく対症療法の薬を長期服用するのはよくないというのが先生のご意見です。

そんなこと言われたらくうさんの母は糖尿病の薬を10年以上は服用しています。心配になるなぁ

まだまだ先生の病気に対する話が続きます。長くなるので、次回にしますね。

最後に癒しの一枚を・・・神戸の街を見下ろす写真です。あっと言う間に初夏の気候ですね。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

勉強して来ました! その一

 こんにちは!くうさんです。
4月8日(日)に安保 徹先生の講演会に行って来ました!
最近、めちゃめちゃ本を出してる免疫学の有名なお医者さんらしいです。
私も1冊しか読んでないのですが、健康に対するいろんな考え方を学びたくて行って参りました!
で、すごく面白かったです!東北なまりの朴訥としたおじいちゃんでしたが、いろんな話が聴けました。

講演会のタイトルは「医者いらずの生き方革命」
これの協賛会社が乳酸菌生成エキス「ラクティス」なる商品の会社でして、
司会がTVリポーターでよくお見かけした東海林のり子さんでした。

東海林さんが一生懸命に先生に商品のPRをさせようと話を持っていくんですが、
のらりくらりとかわしてました。特定の商品の広告塔になるのはやっぱり困るんでしょうかね?

ところで世の中にはこの先生の考え方にも賛否両論あるようです。
だから先ずは、「こんな考え方もあるんだ」と参考にしてみてください。
くうさんも現在、「たった一人を信奉する」というのは止めるようにしています。
世の中には沢山の治療法や学説があるみたいですからね。
安保先生の考え方もその中のひとつなんだと思います。
それを踏まえて読んでくださいね!

・・・ところが、くうさんは実は1週間ほど旅に出ます。
だから帰ってからきちんと書きたいので今日は予告編だけにさせてください!

でも、予告編として、この先生の免疫理論を紹介したいと思います。

「白血球の自律神経支配」の理論

白血球も、自律神経の調節で量が変わる。白血球もいろいろ種類がある。
で、その中の「顆粒球」は交感神経支配で数が増え「リンパ球」は副交感神経支配で数が増えるようになっている。

顆粒球は体内に入ってきた細菌の処理。
リンパ球はウイルス感染した細胞や腫瘍細胞を殺す役割。

でも自律神経のバランスが崩れて、交感神経優位が続くと顆粒球が過剰になり常在菌と反応して、
組織破壊の炎症を引き起こす。

逆に、副交感神経が優位過ぎの、のんびりさんはリンパ球が増加し過ぎて、自己細胞への攻撃、
つまりアレルギー疾患にかかりやすくなる。

先生によると○○炎なんていう炎症を伴う病気は交感神経優位で起こる病気。
甲状腺の病気やアトピー性皮膚炎は副交感神経優位で起こる病気。

・・・こうやってどんな病気も(後天的な病気に限られると思いますが)原因がはっきりしてるんだ・・・って理論です。

これが話の基調になってました。

頑張ってメモしながら聴いてきたので、来週以降にはその話を忠実に書きたいと思います!

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

瞑想してみました

こんにちは!くうさんです。
忙しくてなかなか更新出来ませんが、もう今年も桜が咲き始めましたね。
4月に入ってから少し早めに起きてラジオ英会話を聞いたりしてます。
英会話の勉強はずっとしてるんですが、またモチベーションが上がって頑張ってます。春ですね(笑)

さて、私は今、いろいろやる事があって頭がパンクしそうです。
来週は友人の結婚式で歌うことになっており、それも練習せねば!です。
それでなくても仕事や趣味やでずっと何かを追いかけてるような感じです。

「あれもしないと、これもしないと・・・。」

でも、人ってそうして過ごしてるものらしいですね。
やる事がなくても頭は「何か解決すべき問題はないか?」と動き続けて
無理にでも探し出します。それが「心配事」ってものです。

で、何か不安や心配事を見つけると頭というスーパーコンピューターはどこまでも
掘り下げて解決しようと動き出し、挙句の果てには「客観視」出来なくなるそうです。
まぁパソコンのデスクトップが散らかってると動きが鈍くなったり、フリーズするようなものでしょうか?

そこで、このスパコンを休ませてストレスを和らげるのが「瞑想」なんだとか。

決して宗教的な話ではなくて、NHKのためしてガッテンでも紹介してました。

ちょっとガッテンの受け売りな部分もあるのですが、科学的にも長年瞑想・座禅を実践してきた人の脳は
大脳皮質が厚かったり、背内側前頭前野が厚くなっているそうです。
難しいことは分かりませんが、前頭前野は「私」を「私」たらしめる機能がある場所です。
ここを手術などで取っちゃうと無感情になってしまうそうな・・・。

「スーパーコンピューター=頭」をフル稼働させてる「私」を少し休ませてあげると
「頭」も整理されて余計な「心配事」や「不安」を客観視して消したり、コントロールできる・・・。
それが瞑想なんだそうです。

くうさんも2月くらいからなるべく毎日数分でも瞑想タイムを作っています。
やり方は「ためしてガッテン」をクリックしてもらってもいいですが、
とにかく「思い浮かんだことを追いかけない」瞑想をやります。
例えば「あっ、区役所に行かなくちゃ!」と思っても「思う」だけで瞑想中だから考えません。
「ガッテン」では「小川をイメージしてそこに【思考】を流す」って方法を紹介していました。

くうさんは「考えたいなら瞑想の後で」ということで箱に入れるイメージなんかで流してしまいます。

「無」の境地に至るには時間がかかりそうなので取り合えずこんな緩い瞑想でいいみたいですよ。
これだけでも必要以上に心配したり考えすぎてた「頭」を整理できるみたいです。

じゃあ、くうさんは現在どうかと言うと・・・。

瞑想は10分くらいしか集中力が続きませんが、「な~んにも考えない」って感覚がリラックスに繋がっている気がします。腹式呼吸で行うのでリラックスにもつながるのかも・・・。
それと、これは日常の過ごし方ですが、何事も「私(客観視)」と「頭(スパコン)」は別物と考えるようになりました。
「頭」が必死で「くうさんを良くする為に考えねば!」と働きすぎて余計な心配や不安、
時には誰かに怒りを覚えたりする時に、「あっ!スパコンが暴走してる。そんなに心配しなくても大丈夫じゃないか。」とか
「自分の物差しで人を評価して怒っても意味が無い」と我(私)に帰るようになりました。

これからだって感情的になったり、ネガティブになることはあるでしょう。
でも、この考え方をするようになってからはちょっとストレス軽減出来てる気がします。

お釈迦様も瞑想で悟りを開いたってくらいですから、実践して害になることは無さそうです。

アンチエイジングに関係ある話なの?って思われるかも知れませんが、
ストレスが減るってすごく身体にいいことですから十分にやる価値ありと思っています。
それと、瞑想中は脳の血流も良くなるらしいのですが、これも言わずともいいことですよね。

少し視点を変えれば悩んだり怒ったりしなくて済むことも「頭」がいっぱいだと出来ない。
だからこんな頭の休憩を入れて「気づく」ことが大切なようです。

春は環境も変わってストレスを感じる人も多いかもしれません。
逆に新しい事へチャレンジするために頑張って「あれも、これも」と軽くパニくってる人も
瞑想は試してもらいたいです。毎日でなくても、ほんの数分でもOKです。

さて、2ヶ月程度の実践でここに書いていいのやらと迷いました。「劇的な効果」もないですしね。
でも続けたいなぁって思ってます。何か変化があったらまた書きますね。

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

美しき姿勢を!

くうさんです。ボーっとしてます。
寝る前にご飯をタイマー予約したんですが、今朝起きてびっくりです!
なんと水を入れ忘れて炊いてしまいました!!
熱いサラサラしたお米が出来上がってたんですが、一応水を入れて再チャレンジです。
ちゃんと炊けましたので無駄にせずに済みましたが(~_~;)

さて、先日はバレエ教室で現役プリンシパルの特別レッスンを受けて来ました!
くうさんがバレエを始めたきっかけは「姿勢を良くしたい」とか「深部筋を鍛えたい」みたいな理由でした。
踊れる様になりたいなんて全く考えず(笑)チケット制で安かったんですよね、他の習い事より。

でも、「新国立劇場バレエ団」の「こうもり」という作品を鑑賞して以来、バレエの美しさに魅了されました。
くうさんの現在の状況は踊ってるとは言えないひどいものですが、優雅な動きを学ぶのは女性としても大切だなって・・・。おかげで楽しく通っています。

今回の特別レッスンも「こうもり」のプリンシパル「湯川麻美子」さんでした。お手本見てるだけでなんだか優雅な気分になります。不思議ですね。人の動きでこんなにうっとりするなんて経験がないです。
くうさんが踊るとたまに先生に笑われますけどね(笑)忍耐強い先生に感謝です。

さてさて、健康の為に姿勢を良くして、なるべく歪まないためにも「インナー・マッスル」を鍛えるのが一番と考えています。でも、なかなか具体的な方法が分からなかったんですが、器具を買うとかしなくても「日常の動き」に注意するだけで十分に効果がありそうです。

「とにかく姿勢を良くして日常を過ごす」のが一番!
姿勢を保つ筋肉(大腰筋等)がないから猫背になって、余計に筋肉が無くなって、猫背になって・・・。
負のスパイラル!
アラフォーともなると姿勢も染み付いてます。脳が「こういう姿勢」って覚えてしまってなかなか治せないそうです。
でも、そこは頑張って意識改革から!

先ずはバレエで得た知識というか姿勢へのヒントを・・・
①立つ時は仙骨を地面に垂直に。・・・骨盤を前傾させないように意識することで猫背が防げます。
試しにおへそより下を前に突き出してください。背中も全部下に引っ張られて丸くなりませんか?
猫背は骨盤が前傾することで起きやすい姿勢です。

以前に書いた「心も体も柔らかく」も参考にしてください。

②太ももの内側の筋肉で立つ。・・・イメージとしては太ももの内側をおへそへ向かって引き上げる。
お腹だけへこませるんじゃないんです。「引き上げる」感じです。するとお尻もグッと締まります。
「お尻から内ももがおへそへ向かってねじり上げられる感じ」だそうです。(先生いわく)
バレエで足をきれいに前へ出すポーズもつま先から出してるんじゃないんです。
かかとから前に出します。やってみると内ももを使ってるのが分かると思いますよ。

う~ん、表現するのが難しいですね。長々書いてしまいましたが、大したことではないので
やってみてください。気持ちよく背筋が伸びて胸が斜め上張れるたら正解と思います。

でもね、実はくうさんの実践したかった「良い姿勢」をすごく上手に教えてくれる人に出会いました。
テレビで(笑)・・・で、安かったのでDVD付きの本を購入。

くうさんはこの方とは利害関係ゼロですが(笑)オススメです!
・・・と、いうか今さらってくらい最近はテレビも出まくりで有名ですよね。
信頼感ゼロの風貌に全く気にもしなかったんですが、すごいです!
「小顔にするストレッチ」なんてくうさんは手鏡持ってやってみて「キュッ」と顔のラインが細くなっていたのでびっくりです

で、参考になった本がこちらです。

美姿力UP!DVDつき 兼子ただし ドSストレッチ完全版



「正しい姿勢」って難しいですよね。・・・整体師でもなければ分からないじゃないですか?
この本はすごく簡単に正しい姿勢へのリセットの仕方を教えてくれます。
また、体幹のほぐし方や歩き方もすごく勉強になりました。DVDも面白いです。
他にも数冊出しているみたいなのでそちらでもいいかもしれませんが、くうさんはこれを読んだのでオススメします。

私もバレエと普段の生活で綺麗な姿勢を目指します


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


関連記事

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。