若杉さんのパワフル講演会に行って来ました!その二

こんにちは!くうさんです。

若杉さんのお話の続きを書きますね。

肉類の摂り過ぎは怖いという話や農薬の話を前回はご紹介しました。

そして「本物の米、味噌、醤油、塩を使うこと。本物の野菜を食べること。」が大切!と
話されたことを書きましたが、もう一つ大切なことが、「ご飯を食べること!」だそうです。

講演会でも「米の血液を作れ!」っておっしゃってました。
「パンでは元気になれないですよ!天然酵母でもダメ!ご飯を食べなさい!」

よし!米の血液を作ろう(笑)
私は今年になって「ご飯」をすごく食べるようになりましたね。
これはほんとに私の中では革命でして(笑)パンが大好きで、ご飯減らしてデザートにパンを
食べてたくらいなので大変革です。でも、ちょっと冷え症が改善した気がしますし、
お通じも毎日確実にあるのもご飯と和食のおかげかもしれません。

パンだって楽しめばいいとは思うのですが、ほんとに体を大切にしたいのなら
ご飯が日本人には一番いいのかもしれませんね。

ご飯を食べていると「恒常温」が保てるそうです。
つまりちょうどいい体温が保てる体になるというこうと。

小麦は体を冷やす食べ物ですから、控えめにしないと冷え症なんて治らないかもしれません。

大豆も江戸時代の文献にすでに「その性、寒なり」と書かれていて体を冷やす食べ物です。
あんまり豆乳ばっかり飲むのも考えものかもしれません。

ちなみに熱が出たら頭にキャベツを敷いてその上に豆腐を載せればすぐに下がるそうです。

こうした食べ物の「陰陽」についての知識ってすごく役に立ちますね!
良かれと思って食べていたら逆に体を冷やしている可能性があるんですから・・・。
知れば調節出来ますからね!

さて、食べ物の話が続きます。
DSC02190.jpg

若杉さんはお知り合いのお医者さんに「現代人はこのままの食生活を続けていると
ガンも減らない。髪と爪と歯以外は全てガンが発生する可能性がある。」と聞かされたそうです。

「あなたたち、今は『覚悟の時代』ですよ。ここで聞いた「良かったわ~」で終わらせて
実践しないなら意味なんてないんですよ!」

と、言われましたので、そこまで覚悟が出来るかは別としても揃えた味噌やお米で自炊を
しっかりしていこうと思います。病気は自分だけの問題ではないですからね。
周囲みんなに心配や迷惑をかけてしまいますから・・・。

声を大にして言ってくれるお医者さんはほとんどいないけれど、
外食で買うお弁当の添加物の多さは恐ろしいものがあるそうです。
「外食は害食」なんておっしゃてました。

私もそんなこととは知らずに数年前まではほとんど外食で済ませていたので、
体調も悪くなったのかもしれません。
とにかく少しずつでも食事は手作りにしていかないといけないなぁ・・・。

料理を自分で作っていくとして、大切なことが「食べていいもの、悪いもの」の判断ですよね。
ここから書くことはあくまで食養研究家の若杉さんの言葉です。
自分でよく判断して食生活を見直す材料にしてくださいね。

肉類、卵、乳製品は食べていたら健康にはなれない。

低農薬と言っても強力な農薬を少し使っていて、以前より怖いかもしれない。

有機栽培といっても肥料となる家畜の糞がホルモン剤や薬が残留しているので
響きだけで安全と思ってはいけない。

冬は根菜類、春はウリ科の野菜を食べること。
トマトやナス、じゃがいもは体をゆるめて冷やすのであまり食べないこと。
「秋茄子は嫁に食わすな」は流産を防ぐための言葉だそうです。

赤ちゃんが出来ない方はこうした冷やす食べ物(果物も)を止めないといくら治療しても
授からないと力説されてました。

くうさんは専門家ではないのですが、若杉さんや若杉さんが影響を受けたマクロビの考え方を
是非参考にしてみてくださいね。私も少し肉類は食べるのを減らしました。
乳製品はもとから嫌いなのでほとんど口にしませんが、これから自分が健康になっていけるか
観察して行きたいと思ってます。


ところで本を出して以来、突然若杉さんを家まで訪ねて来る人も沢山いて大迷惑だそうです。
そりゃあそうですよね。
「肉食してるからちゃんと考える頭もない変な人が増えてますよ!」って(笑)
悩んでる方は講演会や料理教室に行ってくださいね。

たぶん、料理教室などで出会うのだと思うのですが、「不妊」について心配されているようで、
女性の健康についても熱く語ってくれました。

「血が悪いから病気になるんですよ。今の貧血は昔の貧血と違うんです。」

違う貧血?
「昔の貧血はただの「鉄欠乏性貧血」で、ひじきでも食べれば治ったんです。
今の貧血は「溶血性貧血」といって果物、生野菜、砂糖、酢、ナス科の野菜で
血がドロドロなんです。」

「もっと悪いのが「再生不良性貧血」で、これは肉類、砂糖類全般食べ過ぎて、
もう体がまともな血液を作れないんです。」

こうした貧血を治して基礎体温を上げれば病気も不妊も防げるとおっしゃてました。

・・・貧血と言えばレバーや鉄分サプリで治ると思ってましたが、もっと血赤球が作られる過程が
崩壊してるってことでしょうか?

西洋医学だと溶血性貧血も「原因不明」の部類に入るようですが、食生活で心あたりのある方は
参考にしてみてくださいね。
私もサジーを飲んだり、夏はアサイーを食べたりして来ましたが、もっと食事そのものに
気を使ってみようと思います。

おかげさまで立ちくらみなどかしてないので貧血は治ったと思うのですが。

さて、お話もまだ続くのですがまた、次回にします。長いので(笑)
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor