美味しい食養とかんたん手当法

こんにちは!くうさんです。

先日はメダカのがっこうで「食養&手当法」を習って来ました!
全3回の講座で今回が3回目です。どれもとっても面白くてためになりました。

前回、前々回はこちら
↓↓
昔の人の知恵!食養と手当法習って来ました( ^∀^)

むかしの人の知恵!食養と手当法習って来ました( ^∀^)その二

食養で春を迎えましょう!

食養で春を迎えましょう! その二

今回もいろいろ書きたいので2回くらいに分けるかもしれませんが、是非家で実践してみてくださいね。

まだ寒い日もありますが、ようやく春らしくなって来ましたね。
いろんな植物が芽吹き、私たちの身体もエネルギーに満ちて来るのが「春」なんだそうです。

食養ではこれからの季節は「穏やかな陰性」の食べ物を食べることが健康につながります。
具体的には青菜や野草、スプラウトなどの冬場に不足しがちな野菜類などです。

それに「穀物のトロッとした甘み・野菜の甘み」も良いそうです。
甘酒なんて良さそうですよね!それに野菜ならカブやかぼちゃが
子供にもとても良い中庸の甘みだそうです。

砂糖の甘みは血糖値を激しく上下させるので、すい臓が弱ってしまいます。
そんな弱ったすい臓を助ける働きもこうした野菜などにはあるので積極的に春は食べましょう!

すい臓の話をもう少し・・・。
すい臓が弱る(硬くなる)のは鶏肉、卵、バターなどの固い脂肪分の摂り過ぎが原因になりやすいので、
注意してくださいね。

そして、すい臓が硬くなっている人は「ふくらはぎの内側」が押して痛かったり硬くなってるそうですよ。
「ししゃも足」なんて言いますが、やたらとふくらはぎがパンパンの人も要注意。

・・・なんか私も硬いし痛い(笑)
もしかしたら現代の食生活だとお惣菜を買っただけでも砂糖や果糖液糖など入ってるから
すい臓はいつも頑張ってるのかもしれませんね。私たちは気がつかないだけで・・・。


そして春は排出の季節なので、冬場に溜め込んでいたタンパク質や脂質が出てくるので
花粉症や皮膚炎などのトラブルも多い季節です。
そんな季節に脂っこい物や焼き菓子などを多く食べていると症状はひどくなるばかり!

クッキーもおせんべいもほどほどにして、デトックスに励みましょう。
(ほぼ自分に言い聞かせてます・・・。(^_^;))

デトックス出来るような食事や食養を教えてもらいました。

そこでまず一つ目は「切り干し大根茶」
↓↓
材料:
切り干し大根 1/2カップ
水 2カップ強

作り方:
1:切り干し大根はさっと洗って水に5分ほど浸しておく。

2:中火にかけて沸騰したら弱火で2~30分煮出す。
DSC02853.jpg
教室では当日「割りぼし大根」を使用。
こうした煮物は素材の「陰性」を飛ばすために蓋をしないで作るそうです。

3:熱いうちに濾して煮汁を飲む。

効能は、
過去に取った動物性食品の老廃物を体外へ出す。
脂肪や腫瘍の元を溶かす。
肥満、イボ、ニキビ、リューマチ、肩こり、疲れやすくて怒りっぽい人、体臭、ハゲ等など。

女性は生理の5日くらい前から飲んでおくと、生理痛予防になるそうですが、
「老廃物がどっと」出る場合があるのでご注意をとのこと。

陰性の飲み物なのであんまり続け過ぎないことと、陰性体質の人は塩や醤油、
梅干を加えると良いそうです。

今朝は作って飲んだのですが、美味しかったです。忙しくて外食も多かったので、
デトックスです。でも味は切り干し大根の煮物の煮汁って感じですね。

残った大根はお酒、醤油、みりんで炒めてお酢を火を消す直前に少し。
これで立派なお昼のおかずになりました。
DSC02966.jpg

大根はとにかくタンパク質をとかす力が強いそうです。
だから刺身のツマに付いていたりします。

前回「大根湯」をご紹介したのですが、これは「飲む当日の脂肪やタンパク質」を排除する力があり、
切り干し大根は「過去の蓄積された老廃物」をデトックスしてくれるのだそうです。

お~!切り干し大根ってすごく良いですね!
だから普通に食事として煮物にしたりしてももちろん食べたい食材です。

なぜ、「煮汁」だけ飲むのかというとそれは「食養」としてダイレクトに効果を求めるため。
食物繊維もない方が吸収もいいんです。

これを1日に1~2杯を5日間くらい続けて飲む。そして1週間休んでからまた飲むようにしてください。

まるで薬みたいですね。でももともと「薬」は草冠に「楽」で「草で楽になる」という意味から来た漢字。
大根も煮出せば私たちには優しいお薬なのかもしれませんね。

このお茶を作るのが面倒でも是非切り干し大根は食べましょうね(((o(*゚▽゚*)o)))

そして次が「甘酒葛」
↓↓
材料:
甘酒 100cc
水 100~150cc
本葛 大さじ1杯
生姜汁 少々

作り方:
1:水に葛を溶いて火にかけて沸騰させる。沸騰したら弱火でかき混ぜながら沸騰させずに2分ほど煮る。
2:甘酒を加えて、沸騰させないようにとろ火で2~3分加熱し、生姜汁を入れて火を止める。

DSC02869.jpg

これは説明だけで、教室の最後に食事と一緒にいただきました。
でも簡単ですよね!もう何回も家で作ってます!( ^∀^)

効能は、
疲労回復、寒い季節のアトピー、肌荒れ、冷えによる喘息、鼻水、唇の荒れ、便秘、
低血糖、精神的に不安定になりやすい人、生理前の過食の衝動を抑える などです。

そして何より嬉しいのが「治病中でも取り入れられるおやつ」であること!

病気の時は砂糖は絶たないといけないのですが、食養ではこの「甘酒葛」だけはOKなんですと!
葛を使っているから整腸作用や体を温める効果もある一番嬉しい「薬膳」です!

これはもうおやつとしても美味しいし、食養なんて堅苦しく考えなくても食べてみてくださいね。

他にも習ったのですが、長くなりそうなので、次回へ!
しかもこれが実際私を救ってくれまして・・・!しばしお待ちを!
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor