スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

ありがとう、おばあちゃん!

こんにちは!くうさんです。

「アンチエイジング始めましたS」を21日に更新して以来、お久しぶりです。

7月13日からの三連休と休暇をプラスして帰省したお話を書いたのですが、
実は7月22日に母方の祖母が他界しました。92歳の大往生でした。

2週連続で帰省してお葬式にも参列し、昨夜東京に戻りました。

もう2年以上は寝たきり状態で、1年半前からは「胃瘻(いろう)」で栄養を取りながら
生きている状態でした。最後にちゃんと言葉を聞いたのもおそらく1年以上前のことです。
いつこんな日が来てもおかしくはなかったのも分かっているのですが、
それでも家族にとっては突然でした。

三連休で帰省した時はしっかりと私を見つめてくれていたので「まだ生きてくれる」と
安心して東京に戻ったのを覚えています。

でも、いつも焦点が合わない目つきで私たちのことも分かっているとは
思えない状態だったことを考えるとあの目は「最後の挨拶」をしてくれていたのかもしれません。

通夜も葬儀もごく少人数の家族だけで葬祭会館で行なわれました。

最後に棺の蓋を閉めて斎場に運ぶ前にみんなで花をおばあちゃんの体や顔の周りに
飾りました。

正直言って、認知症のおばあちゃんとこの数年は何もまともに会話出来てませんでした。
そんなおばあちゃんになんて声をかけよう?と葬儀の時に思ったりもしましたが、
やっぱり一言に尽きました。

私はおばあちゃんの頬や頭をそっと触りながら「ありがとう」と声をかけました。

眠っているような顔はドライアイスのおかげでとっても冷たくて、
「あ~、おばあちゃんは天国へ行ってしまったんだな。」と実感しました。

私や妹も母もみんながしゃくりあげて泣いていました。
小さい頃は怒られて「ヒック、ヒック」としゃくりあげて泣いたりしたけれど
大人になるとそんなことも減ります。

我ながらそうして泣いている自分に驚いていました。

92歳と5ヶ月も生きたおばあちゃん。大往生です。

そんなおばあちゃんは私が生まれたころからすぐ近くに住んでいたので、いつも一緒でした。

お菓子を買ってくれたり、お小遣いをくれたり、いろんな所に一緒に出かけたのも思い出します。
小学生だった頃、日曜に三宮という神戸の繁華街まで出かけて美味しいランチを食べさせてくれました。
妹や私をとても可愛がってくれました。

とにかく優しい人でした。母たちも言ってましたが人の悪口など一切言わないし、
私たちのことも常に褒めてくれていました。
おじいちゃんのことだけは怒ってることがありましたが(笑)

もう十分に生きてくれたと理性では分かっていても、心はどうしても寂しさが勝ちます。
20年近く前に祖父が亡くなった時も号泣したのを覚えていますが、
改めて家族が亡くなるってこんなに悲しいんだなと思いました。

92歳のおばあちゃんが亡くなってもこんなに悲しい・・・。
これがもし30歳代や40歳代の家族だったらどんなに悲しいだろう?


今、食生活は豊かになりましたが、ガンで亡くなっている人の人数は
50年くらい前と比べると三倍以上になっているそうです。

人口も違いますから比較は簡単に出来ませんが、このままだと
若くして亡くなる方も増えてしまうかもしれません。
それはきっと大往生のおばあちゃんが亡くなるよりも、もっともっと悲しいと思います。

私はお医者さんではありませんが、なるべく健康的な食事をして元気で過ごす方法を研究中です。

今のところ、「ご飯とお味噌汁」という日本人のスローフードを大切にすることくらいしか
自分では確信を持ってオススメ出来ることはありません。

それすらもまだまだ若杉友子さんの受け売りみたいな域を越えていません。

でもおばあちゃんの死に対面して思ったんです。

「みんなで元気に大往生出来るようになりたい!」と。

こんな悲しい気持ちはどの家族もが「こんなに長生きしたら十分だね」と言われる位に
生きてから感じてもらうのが一番!

沢山の人が元気にアンチエイジングして長生きしていけるようにこれからも
頑張ってブログから発信していこうと改めて決意しました。

皆さんといろいろ有益と思える情報をシェアしていけるようにまた頑張って書いていきますね。


ところで、葬祭会館の人が妹に話したことなのですが、赤ちゃんや一部の人には「見える」そうです。
「見える」人はいつもすぐに辞めていってしまうとか・・・。

そして葬儀の翌日ですが、横で寝ていた甥っ子ちゃんが朝の6時頃に一人で
赤ちゃん言葉をしゃべっているので目が覚めました。

横を見ると天井を見て笑顔で「あ~、う~、ちゃ~」とか話ながら楽しそうに手を叩いていました。
それがなんだかいつも誰かにあやされている時の仕草と顔つきにしか見えず・・・。
もちろん天井には何もありません。

う~ん・・・会いに来てくれていたのでしょうか?
私たちにはもうそれは未知の世界ですが、そう思うと今もそばで見守ってくれているのかもしれません。

そんなことがあった翌日、アメリカに住むおばが日本に帰って来ました。
おばあちゃんの家を片付けたり、そばで数週間は過ごすそうです。

私たちはおばあちゃんの家で記念に写真を撮りました。
おばが偶然変なポーズをしてしまってみんなで大笑いしたりしました。

一緒に笑ったり泣いたり出来る家族がいる。
そしてルーツはおばあちゃんなんですよね・・・。
甥っ子ちゃんもおばあちゃんの血が流れてるわけです。

こうしてみんなで過ごせる時間もおばあちゃんたちが生きてきてくれた証です。

私たちにはもうおばあちゃんの姿は見えないけれど、きっと見ていてくれると信じて書きます。

「ありがとう、おばあちゃん!」

写真(お花)
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

No title

自分は2年前に祖母を亡くしました。95歳でした。
92歳以降食事があまり食べられなくなりましたが、カステラやプリンなどを主食にした所、元気を取り戻し、それから3年間生きました。米は駄目だったんです。その時、超高齢者はいかにして飲み込みやすく、カロリーがそれなりに高く、消化が良い食材を得るかが重要かもしれないと思いました。日野原医師が昼食を牛乳とクッキーだけにしておられるのも、個人的には納得しています。クッキーは少しの量でカロリーが補給でき、消化も良いからです。
くうさんのおばあちゃん、病院でずっと頑張っておられたんですね。自分も2年前を思い出しました。ご冥福をお祈りいたします。

Re: No title

インカインチさん、ありがとうございます。

私の祖母も90歳くらいまではデイケアセンターに週に数回通うほど元気でしたが、
風邪をこじらせてそのまま寝たきりになってしまいました。

ずっと私の母やおじたちが自宅で世話をしていたんですが、
やはり何も食べなくなって胃ろうに切り替えたそうです。

母たちがどんな食事を準備していたのかは知らないのですが、
「消化の良さ」をそこまで意識していたかは謎です。

でも、これから自分が母を介護したりする日も来るかもしれません。
日野原先生のお話は参考になりますね。

若杉さんも玄米をトロトロに煮たおかゆで近所の寝たきりのおじいさんを
元気にさせた話などされているので「消化し易さ」はご高齢の方には大切かもしれませんね。

それだけ歳とともに胃腸も弱ってくるという事でしょうかね?寂しいですね(>_<)
それともわずかな量で足りるということでしょうか?

いずれにしてもなるべく長く元気な胃腸を保つことが大切なんだなって思いました。

貴重なお話をありがとうございました。m(_ _)m

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。