スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

勉強して来ました! その五

こんにちは!くうさんです。
さて、安保先生の講演会の話も今回で最後にしたいと思います。

講演会の途中に休憩があり、その間に質問箱に質問を投函。
で、第二部が答えてもらう時間でした。

①「人生で一番太ってます。どうしたらいいでしょうか?」30代・女性
⇒太ってる時は「※解糖系」が頑張ってる時ですよ。(※ブドウ糖を代謝してエネルギーを得ること。
細胞分裂も盛んに行われる。)この時は肌もキレイなんですよね~。
だから人生で1回くらい「解糖系」を楽しんでもいいんじゃないですか?

なんてポジティブな(笑)たぶん答えになってないですね。

②「認知症を防ぐ方法はありますか?」
⇒アルツハイマーは【アルミニウムを核にたんぱく質が着いた形の老廃物】が脳細胞に溜まる事で起こります。
(「アミロイドβたんぱく」て名前だそうです。)
アルミニウムは土に多いので土いじりが好きな方は手をキレイにしてくださいね。
アルミニウムは酸化力も強いんです。土いじりの後って手が荒れるでしょ?
あとは、食器や容器にも気をつけてくださいね。
認知症はね、血流障害ですよ。ぼんやりした人か頑張り過ぎた人に起きやすいんです。


③「先生の健康法を教えてください。」
⇒身体をゆする運動をしてます。氷川きよしの「ズンドコ節」のチャチャチャッ!って振り付けが似てるかな?
まぁ人に見られて困るような動きです。
片足立ちでこれをするとインナーマッスルが鍛えられますね。

あとは、ちゃんと湯舟につかること。シャワーじゃだめです。
やっぱりね、深部体温を39度まで上げる方法は入浴しかないですよ。

会場大爆笑でしたけど、「ゆする」運動に関しては私がお世話になってる整体師さんが
言ってたのと同じだなって思いました。
まぁ、少し年配の方向けの健康法かとは思いますが、身体をゆすってリラックスするのは
若い人にも十分いい方法と思います。(心も身体も柔らかく!をご参照ください。)

④「老齢期に入ってから男女別に健康法ってありますか?」(60代の方)
⇒女性はねぇ、いくつになっても働いて頭を使って過ごす(家事のことですね)から
そんなに心配しなくても健康でいられるんですよ。長生きするでしょ?
あと、更年期障害を心配する女性も多いですが、女性ホルモンが減ってきたら
副腎皮質ホルモンが代わりの仕事をしてくれるんです。だから本当は更年期障害なんてないんですよ。
でも、ストレス社会でちゃんと副腎皮質ホルモンに交代できないから起きるんです。

男性は努力が必要です。退職するとのほほ~んと何にもしなくなる人がいっぱいいます。
意識して頭や筋肉を使わないとすぐに衰えますよ!!


いやぁ!謎が解けました!
うちの母は「更年期障害なんてなかったよ。」と言うし、
世の情報では「誰でも症状出るのが当たり前」みたいで疑問だったんです。
うちの母は当時はそこまでストレス無く過ごしてくれていたのでしょう。
避けて通れないことみたいに考えずに自分を信じて気楽に通過したいと思います。
まだ10年は先のことと・・・思いますが。

⑤「悪玉コレステロールが多いと言われます。どうしたらいいですか?」
⇒そもそもコレステロールの善も悪もありませんよ!人間の勝手な言い分ですね。
コレステロールは細胞膜の形成などに必要な成分です。
ちゃんと運動して食事に気をつけてたらちょうど良くなるんです。

なんとも明快な答え(笑)何かに頼るんじゃなくて自分で管理しろってことですかねぇ?

⑥「娘(18歳)がアトピーで使ってきたステロイド剤を止めてからひどくなってきて心配です。」
⇒いいですか?何でも治癒する時はステップがあるんです。悪い部分の血流が良くなって赤くなったり、
痛くなったり、痒くなったりとひどくなったと見える。本人も辛い。
でも、大人になってステロイド剤を止めてひどくなったように見えるのは
体が今までのステロイド剤の変性したものを捨てようとしてるからなんです。
ここを通過しないと治らないし、娘さんは悪化してるんじゃなくて治ろうとしてるんですよ。

もし、ステロイド剤を止めて頑張って治そうと頑張っている皆様には励みになるんではないでしょうか?

⑦「5年前に乳がんの手術をしました。その後の検査でいつも白血球の数値が低いのですが、
増やすにはどうしたらいいですか?」

⇒白血球や赤血球の数はその人の活動量に比例します。
活発で運動量が多い人は多いし、ゆったり静かに過ごしてる人は少ないです。
それはその人に合った量になるんです。
お医者さんが決めた基準とおりにならなくても問題なく過ごせているならそれがその人の量ですよ。
いいですか、みなさん、数値じゃなくて生き方が大切なんです。
骨粗相症になったら「骨が折れてもいいような生活してた」と思いなさい。

この他にも「病院へ行くのを止めたら潰瘍性大腸炎が治ったのはなぜ?」
⇒痛い時に自己治癒が起こってるのに薬で止めたらいつまでも治らないですよ。
止めたのは正解ですね。
とか、「腸内細菌も老化するんですか?」⇒細胞分裂を繰り返してますからずっと若いままです。
だから腸内環境はいくつになっても自分の努力次第でキレイに守れますよ。
ごぼう、切干大根、おからを食べたらいいんです。食物繊維は腸内細菌(善玉菌)の棲家になりますから。

こんな感じで安保節炸裂な講演会でした。

先生の本は人気ですよね。
たぶん「自分で頑張って治せない病気はない」って考え方がポジティブでウケがいいのかもしれません。
重い病気と闘ってる人がこれを読んで「そんな簡単な話じゃない!」と思われるかも知れません。
だけど、私は安保先生的なポジティブな考え方で過ごしていきたいし、前向きな気持ちで病気を克服したり、
元気に過ごす方が増えるといいなって思ってます。

いやぁ~やっと書き終わりました!
今後はまたオーガニックコスメのお話や食事のお話等など
くうさんの身の丈に合った内容で書いていきたいと思います!!
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。