ハラでつながる会

こんにちは!くうさんです。

最近、時々英会話喫茶に行ってます。
留学生のお兄さんとマンツーマンで英会話。

で、その方はベジタリアンだそうです。
す~ごい穏やか。そして肌もキレイ。

ちょっと納得です。

お肉って気分が上がる物質を脳内で出してくれるそうです。
小麦粉もそうなんですよね。だからケーキも焼肉も「脳」にとってはすごいごちそう!

でもどちらも脳内麻薬な一面があって病み付きになりやすい。
ほどほどにしないとテンションが上がる程度で終わらずに攻撃性まで上がる可能性があります。

凶悪犯罪が増えてるなんてニュースを聞くたびに日本の食生活の変化も無関係とは思えません。

と、言うわけで穏やかな人大歓迎(笑)
お肉は「ハレ」の食べ物にして「時々食べてハッピー」になるくらいが
ちょうどいいのかと最近は思います。

まぁ、育て方(遺伝子組み換えの飼料や抗生物質、成長ホルモン剤など)に問題ありな
お肉が大半なので私はわざわざ食べませんが。

さて、本題です。
私の大好きなシリーズ「腸脳力」の著者:長沼敬憲さんのセミナーに参加してきました。

DSC05448_R.jpg


この方の本についての記事はこちらを読んでくださいね。
↓↓
腸脳力について・・・

腸の力はあなどれない!

大切な物は骨盤の中にある!

この方のすごいのは科学的なお話をとても分かり易く簡単にまとめてくれていること。

おかげで私はいかに「腸(ハラ)」がキレイであることが大切かを知ることができたし、
そのための食事の大切さも知りました。

「マクロビ」や「食養」ってどうしても「とにかくお肉はダメ」とか、
「陰性だからダメ」みたいに頭ごなしなところがあるのは否めない。

いろいろ本を読んだりして私も「腑に落ちた」からなんちゃってマクロビ&食養生活をしていますが、
急にそんなこと言われても理解も納得も出来ない人が大半と思います。

でも、私の場合は彼の著書や講演を聴いたことで食の大切さや野菜中心で食べることがいかに大切かを
理解出来たんですよ。人間って物事の理由が分かると気持ちがいいですね。(*^_^*)

おかげで相当、長沼さんをリスペクトしております。(・o・)

で、長沼さんご自身は「頭で考えずにハラの感覚で食べ物も選ぼう」と書かれています。
決して頭ごなしに「あれがいい。これはダメ。」とは書いてないんです。
そこがまた自主的判断を求められていて、押し付けられるよりいい感じで考えていけます。

ついつい私達はテレビなどの情報で「ココアだ!」「バナナだ!」「牛乳だ!」と
自分で考えないで鵜呑みにしたことを素直に実践し過ぎるところがありますからね。

「そういうことではこれからは自分を守って行けないんじゃないか?」というのも
長沼さんのテーマみたいです。(キレイな腸で)本物を感じ取れ!ってことでしょうか・・・。

そんな長沼さんがセミナーを開催されるということで単純に知的好奇心から参加して来ました。

今回は概要をご紹介しますね。

この会自体は密室で行われる「本の執筆・編集」をオープンにやってみたいと考えての企画だそうです。
毎月1回は会を開いて参加者たちとも話を共有しながら来年の本につなげて行くそうです。

本のテーマは「身体感覚を磨く」と「私達(日本人)のルーツをさぐる」の二つ。

「身体感覚を磨く」は要するにコンディションを整えること。
これは食、呼吸、運動の面から整えて方法を考えていくことだそうです。

例えば、「食」についてですが、戦後はアメリカのビジネス戦略で「日本人」にとっては
食生活の質が相当劣化しました。(-_-;)
当時は大量に余った小麦粉を何とか処分したかったアメリカがパンに合う食事としての
肉食というか洋食を普及させたんです。

結果は昔よりもアレルギーやアトピー、成人病の増加からも分かりますよね。(-_-;)

今さら全く戦前に戻れないとしても主食だけでも「質」の高い物を選ぶとか、水にこだわるなど、
「元気」になる食について考えていこうというお話。

昔の日本人はもっとバイタリティもあり、鋭い感覚も持っていたそうです。

明治の写真で身長150センチくらいの女性が「俵五表」を担いでいる写真が
残っているそうです。一俵が60キロだから・・・。( ̄□ ̄;)!!

江戸時代の文献などでも当時の「力自慢大会」などの記録が
現代人には「ありえない」重量だったりします。

確かに後世にわざわざ嘘の記録を残す必要も無いし、本当にすごい力を持っていたのかもしれません。

それくらい身体能力もすごかったってことですね。
そんな元気な体を私達は持てる可能性があるってことです。


「私達(日本人)のルーツをさぐる」
これは日本人がどこから来たのか、何を食べてきたのかを探ることで
日本人のアイデンティティを明らかにしようという試みだそうです。

これはちょっと哲学的な響きもありますが面白そう!

今の日本人は明治以降に急速に西洋文化や哲学を取り入れて来ましたが、
東洋的な哲学とはかなり違うものなんですって。

でも、うまいこと両立してるのが日本人のすごいところだそうです。
その思考の柔軟性と身体的能力の強化?が出来たら、もっと日本人って
すごくなれるんではないかとのこと。

う~ん、そんなこと考えたこともなかったですが、これもまた次回以降の
会に参加して聴いてみたいと思います。

ざっと駆け足でご紹介しましたが、とにかく面白そうなので
この一年はなるべく参加して勉強したいと思います!

若杉おばあちゃんの「陰陽」から考える「食」も大切ですが、
科学的な見方で「食」を考えるのも大切と思います。

このセミナーで学んだことはここでシェアしたいと思いますので
皆さんにも参考になると嬉しいです。(*^_^*)
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor