ニンジンから宇宙へ?!

こんにちは!くうさんです。

またしても書くのが遅くなってしまいましたが、4月13日にメダカのがっこう主催の
「赤峰勝人さん講演会」を聴講して来ました。

DSC05702_R.jpg

この方は「ニンジンから宇宙へ」という本が1993年の初版からロングセラーを記録している方です。
でも、本業は「お百姓さん」で、大分県で完全無農薬栽培で野菜やお米を作られています。

DSC05920_R.jpg


そして1986年から「なずなの会」を発足して、自然農の弟子を育成したり、
全国から来る病気に悩む方の相談を受けたり、講演会といった活動をされています。

でも、基本は「百姓」なんだそうです。
「百姓」という言葉が差別用語だと言われて随分経ちますが、それはとんでもないと
憤慨されていました。「百人の女性を生かす」仕事であって、素晴らしい言葉だと言われてました。

・・・と、書きつつも私もこの方のことは全然知らなかったのですが、
すっかりファンになってしまいました(笑)
すごくいい笑顔されるんですよ~。

余談ですが、最近いろんな講演会など出かけて感じるのですが、
自分のやりたいことや世の中のために頑張ってる方ってなんというか顔つきが違いますね。
笑顔がすごくステキだったりします。屈託のない心からの笑顔というか・・・。

すみません、話を戻しますね。(^^ゞ

そんな赤峰さんがなぜ本を書いたり、講演会に呼ばれるのかというと、
是非、彼の人生の部分については本を読んでみて欲しいのですが、
紆余曲折ありながらも「自然農」に辿り着いた頃のこと、24歳の女性が畑に現れて
「アトピーを治して欲しい」と懇願されたそうです。

そんな病気を聞いたこともなかったし、なぜ自分のような百姓のところに来るのか
最初は訳も分からずに追い返そうとしたそうですが、サングラスとマスクを外したその女性の顔を見て
断れなくなったそうです。

彼女の顔はかさぶただらけで血が滲み、赤く腫れ上がっていました。
当時はアトピーなんて言葉も知らないし、感染する病気かと思って怖かったそうです。

それくらいまだ当時(昭和50年代)は知られていなかったのでしょうね。

そしてその真剣な眼差しに打たれて、彼女と約束しました。

・食事の記録を取ること。
・玄米、無農薬の野菜、赤峰さんのお母さんが作る国産の天日塩を使った味噌と漬物だけにする。

この約束をして定期的に彼女に野菜などを送ったそうです。

すると四週目にはかさぶたが半分に減りました。
三ヶ月後には「ものすごい美人さん」になっていたそうな!

そう!完治したんです。

そしたら口コミで赤峰さんの評判が広まってしまい、三年も経つと
東京からも悩み相談者が来る状態に・・・。

仕方なく(もちろん本業はお百姓さんなので)いろいろと相談を受け、
食事を変えて治る人たちを見て赤峰さんはその奇妙な医者が匙を投げる皮膚病の原因が
「農薬などの化学物質」だと確信したそうです。

今も赤峰さんは百姓が本来の仕事ではありますが、結局はこれも受け入れて
今はなずなの会で定期的に相談会を開いてアトピーからガン患者さんまで
大勢の食事指導や相談を受けてあげているそうです。

赤峰さんによるとアトピーを発症する人は昭和37年生まれ以降に多いそうです。
ちょうどその頃から農薬や化学肥料の使用量が増え、食品添加物も
大量に出回り出した時期と一致するとか・・・。

DSC05748_R.jpg
上の写真は小さいかもしれませんが、「乾癬のたぬき」の発見された都道府県の増え方を示したものです。

農薬などの化学物質の広がりとたぬきのような野生動物の皮膚病の広がりも時期を同じに増えています。

「農薬や添加物が増えている」ということは人間がただ病気になったり、アレルギーの心配が
増えるだけではないんですね。自然そのものを壊しているんです。

自然破壊が進めば自然の一部である私達も壊れていきます。
それを実際に農業をされる方として実態をご存知だからとても心配されていました。

「ニンジンから宇宙へ」という本のタイトルも自然という循環の中に全てが入っていて、
人間だけが例外ということではないという意味だそうです。

農薬や化学肥料は私達に作物を与えてくれる「土」を殺してしまうそうです。

本来はものすごい数の微生物や虫たちの働きで絶妙のミネラルバランスになった土からなら
農薬も化学肥料もなしで立派な作物が取れるそうです。

DSC05707_R.jpg

DSC05710_R.jpg

DSC05715_R.jpg

DSC05741_R.jpg

スライドで見せていただいた赤峰さんの作物の一部ですが、
全て無農薬で完熟堆肥のみ使用されているとのこと。
決して自然の循環の一部としての土(微生物や虫たち)を殺さないで作るんですって。

そして農薬を使わなくても虫が付いてることもないそうです!
よく無農薬野菜を買うと虫がくっついてるんですが、土のバランスさえ良ければ
そんなことも起こらないのだとか・・・。これはびっくりです。( ̄□ ̄;)!!

そんな自然農名人の作物についてのお話とアトピーや病気についてのお話に続き、
「塩」の大切さもお話されていました。

アンチエイジング始めましたS」に塩については頑張って書きましたが、まさに同じお話です。
化学塩は減らして自然塩を摂る!減塩はナトリウム純度の高い物については当てはまるけれど、
自然塩は私達に大切な大切なミネラルを与えてくれます。

それと、「千島学説」ってご存知ですか?
腸造血説を千島博士という方が唱えられたのですが、当時は脊髄造血という考え方を
根底から覆すこの論文を審査もせずになんとも納得のいかない形ですが放置されて
うやむやにされたそうです。

私も本を読んでいるとこの考え方の方が正しいのでは?とさえ思うのですが、
とにかく「血液は腸で作られるから腸がキレイでないと良い血液を作れない」ということです。

もちろん科学の世界では認めようとされない説ですが、いずれにしても「腸をキレイに」って考え方が
素晴らしいじゃないですか?(・ω<)私も万事が腸から始まったことを考えると
この説のように腸をキレイに保つことがアンチエイジングの要だとまた確信が持てました。

講演会は3時間。ここに書ききれないくらいいろんなお話を聞けました。
他にもOリングテストで自分に合う物を探すなんて実験も見せてくれましたよ。

とにかく、これ以上「大地」を汚染していると人も地球も未来がなくなります。
しかもF1種のような命のない野菜を食べ続けていたら人はどんどん弱ってしまいます。

どんな動物も他の「命」をいただいて自分の命をつないでいるんですから・・・。(-_-;)

頭で分かっていても農業の実態などをそれほど知らないのが私達のような都会に住む者です。

こうして講演会を聞くと本当にどんどん大切な土が汚染されているんだなと恐ろしくなりました。

それでも赤峰さんの元から沢山のお弟子さんが巣立ち、自然農に励まれています。
私のように農業と無関係に生きていても関心を抱く人も増えています。
(実際、講演会は200人の会場がいっぱいでしたから。)

是非、「ニンジンから宇宙へ」などを読んでみてください。
そして少しでもこうした環境問題や食の問題に目を向けて欲しいと思います。

それはいつか自分の健康に返って来ると思うので・・・。(^^)
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor