スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

ハラでつながる会 私達は何を食べて来たんだろう?!その二

こんにちは!くうさんです。

前回に続いて第4回「ハラでつながる会」のお話を書きたいと思います。

会の前半では健康であるための食事を考えるのにちょっとご先祖様の来た道を考えました。

縄文時代から日本人は狩猟以上に木の実などを採集して食べていたみたいですね。
稲作の文化も弥生時代から始まり、お魚と植物を食べて来た。

だからと言って必ずしも現代のみんなが菜食が体に合うかは分からないけれど、
とにかく「生きるため」に野菜や穀類を食べて来たのがご先祖様の文化。
DSC06057_R.jpg

お肉を食べてもその動物達のエサは植物です。
間接的に植物を食べているのと同じ事になります。
DSC06060_R.jpg

ほんとにほんとに考えてみれば人間は全て植物のおかげで生きていますね。
DSC06059_R.jpg

でも、実は植物は「細胞壁」もあるし、消化しにくい物でもあります。
豆だって消化しにくいから食べ過ぎ注意です。

で、ご先祖様たちのエラいところがそうした栄養豊富だけどちょいと消化しにくい物(ハラに負担?)を
「発酵」させてよりスムーズに自分たちの栄養・体にしてきた点でしょうか。
DSC06061_R.jpg

DSC06062_R.jpg

日本人は良い発酵食品(味噌や醤油など)で腸(ハラ)を「醸す」生き方が出来る民族というか・・・。
健康とハラ(感情)を上手に整えていたのかもしれません。

これが過去形なのが残念ですが(-_-;)
だって、今はそんなにいい発酵食品にも出会えていなかったり、
洋食文化で野菜や穀類(どちらも腸内細菌のエサ)が減り、肉が増えていたりするので
お世辞にもその伝統を引き継いでいるとは言えない感じですもんね。

「今の日本人は発酵より腐敗に腸が傾いている気がします。」と長沼さんも言われてました。

感じることを司る腸の環境が劣化するということは感情自体が劣化するということ。
何となく思いやりがなかったり、自己中心的な人が増えているのもこうした背景があるのかも。(-_-;)

ところが単純に・・・
「じゃあ玄米菜食主義で腸内環境改善して健康でいい気分で生きよう!」とは答えは出せなくて
これは人それぞれなんですよ。

やっぱり自分で探すしかないんですよね。(・_・;)

だけど、感じる力、感情・感受性と呼ばれるものが劣化していけば結局は
心身ともに上手くコントロール出来なくなりますよね。

だから病院で検査を受けても問題がなくて「健康」だけれども、「元気」ではない・・・。

そんな人だらけなのが現代人かもしれません。

じゃあ結局はどんな食生活が「元気」の素になるのか?!
・・・それは感性(ハラ)を磨く食事
人それぞれに具体的なソウルフードは違うとしても
ブログの内容(セミナーの内容)がヒントになると思います。

結局は私はやっぱりお野菜メインの生活をこれからもしたいなと思いましたが、
逆の食生活でハラもキレイに保てる方もいるかも知れません。

最後に、長沼さんのお話のテーマの一つに『健康よりも元気に生きる』がありました。

セミナー後半でこの点について議論したんですが、
元気になるには「食べる」「動く」「呼吸する」の
3点のどれかが起爆剤になるんじゃないかということでした。

原始細胞もこの3点が上手く起動して進化し、今に生命をつなげて来ました。
だから基本はこの3点セットがいい感じに動いていればヒトも元気なはずなんです。

セミナーのテーマは食でしたが、動く(歩くことや人と会い、話すことも含む)こと、
進化の起爆剤となった「酸素でエネルギーを作り出す」こと、つまり呼吸の大切さを認識して
自分に合った呼吸法などを試したりすることも「元気」を発動するかもしれません。

何かを食べたから必ず元気になるとも限らないのに、テレビなどで紹介された体に良い食材は
すぐに売り切れる日本・・・。

外部に答えを求めるのもいいとは思いますが、時には自分で
(3点セットの)何が欠けているのかな?なんて探すといいと思います。

探すと言うか、感じるというか・・・。

さて、長くて上手くまとめられたか不安ですが、今回のセミナーも
また感情(ハラ)が全てのキーになると教えてもらいました。

次回は「ミトコンドリア」のお話なんだそうですが、私は出席出来ないんですよ(T_T)

また7月の会のお話を書けたらと思っています。お楽しみに(・ω<)
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ハラなんですねえ~

くうさん、こんばんは。
腸脳力、読んだことないので読みたいです(^O^)。
ちょうど楽天のお買い物マラソンという、ナイスナイミング( ´艸`)。

今の人は、健康に関する情報に振り回されて野菜野菜~、タンパク質タンパク質~とか、頭で食べている気がします。
私もそうですが…。

私も、マクロビで生野菜は身体を冷やすって思ってたのが、アンチエイジングの鬼では、酵素を取るために生野菜取りましょうって書かれてて驚いたものです。
どっち~みたいな(*_*;。

以前、人は歯の割合で食べるといいと聞いたことがあります。
前歯が野菜、犬歯が動物性食品、臼歯が穀物だそうです。
そうすると、必然的に穀菜食になりますね。

ハラが喜ぶ食事~とはわかってますが、暑いから、疲れたから、ストレスたまったからと、つい頭(欲望??笑)で食べているので気をつけないとです(^。^;)。



Re: ハラなんですねえ~

ののさん、こんばんは!

「腸脳力」は絶対に読んでみて欲しいです。
2冊めの「実践!腸脳力」もオススメです。こちらからでもいいかも。

私も「頭」で考えて「体に良い物」を探していましたが、
「体が心地良い物」を選ぶという視点に切り替えました。

おかげでゆるゆるマクロビ生活も逆に楽しいし、ケーキなど食べる時に
「頭にご褒美」と割り切って美味しく食べてます。(もちろん以前より激減させましたが)

それでも「温野菜か生野菜か」なんていう対立する考え方は出てくるんですよね。
これも自分の体調次第な気がしますね。

生野菜はやっぱり夏は美味しいけれど、冬は本能的に煮物や鍋の方が美味しいし・・・。
酵素はしっかり噛むだけでも自前で出せますしね。

まぁ、若杉おばあちゃんが言うからとか勝田さんが言うからって基準を
外していけたらいいですね。
・・・私もまだまだ悩むところではありますが(-_-;)

チョビっと「欲望食?!」も混ぜながらいろいろと試してみましょう!

で、そのためにこの本はとってもオススメです。
別に著者からお金とかもらってないからご心配なく(笑)

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。