葉山でお勉強 前編

こんにちは!くうさんです。
ブログの更新が遅くなっていますが、「アンチエイジング始めましたS」も
更新していますので、ご覧になっていただけると嬉しいです!

さて、9月21日に葉山まで行って来ました!東京の自宅からほぼ2時間。
実は「ハラでつながる会 第七回身体感覚セミナー」に出席するためでした。


すごくきれいななんとなく海岸の景色がハワイを思い出すような素敵な場所です。
DSC06445.jpg

場所は葉山港の目の前の施設。
DSC06449.jpg

長沼さんの著書「腸能力」を読んで以来、元気でいるには「何を食べるか」から実践するのが
一番近道だなって教えられました。

それは「検診で問題のない健康体」ということではなくて「心も体も元気」な状態のことを指します。

若杉おばあちゃんの本でも十分に学べたのですが、その食べ方、選び方に
科学的根拠をくれたのが「腸能力」という本でした。

そしてともすると「食養」はお肉などを嫌う排他的な健康法の一つになりかねないのですが、
そうではないことも私なりに学べたというか、広い視野で食の世界も見ることが出来るように
なった気がしています。

心とか見えないけれど有るモノも大切にしていくということ・・・。
ここらへんが文章化しづらいんですけどね。

さて、セミナーのお話をご紹介しますね。
長沼さんのお話はいつも面白くて「なるほどね~!」なんて納得させられるお話が多いのですが
今回も葉山に来たかいがありました。
(写真にホコリのような物が映り込んでしまいました。見にくいと思いますがごめんなさい!)

人が生きるとは「分かる」ことなんだそうです。
確かに「自分とは何か?!」なんて考えるのは人間だけですが、
そこから哲学が始まり全ての学問へと分化していきましたからね。
DSC06450.jpg

で、そんな人間が健康でいるためには体と心が元気であること。
そして「スピリット(魂)」という自己知の世界を大切にすることなんだそうです。
DSC06451.jpg

「スピリット(魂)」を追求するのは古来からの武術の精神だったり、「道」の世界の話で
何もオカルト的なスピリチュアル話ではありません。
数値化出来ないこと、見えないことだからって存在しない感覚ではないことが多々あります。

けれど、意識して探ろうとでもしないと普段はそんなこと考えないし、感じないかもしれませんね。
でもこんな自分のバックグラウンドについて考えると自ずと「何を食べるのがいいんだろう」とか
いろんなことに答えが見つけやすくなるのかな・・・。
DSC06452.jpg

そう!見えない(数値化出来ない)ことを大切にすると実は元気への近道だったりします。
「知情意」は古くさい話ではなくて常に私達が磨きたい点なのです。
DSC06453.jpg

そして何より現代の私達は「知性」を磨きたい!
それは「知識」を得るということではなくて、「自分で感じて答えを出す」ということ。

生きるために食べてきた物もテレビが「ダメ」って言えば
「あ~そうなんですね~。じゃあ食べません」みたいなことしてると
ホントに自分が食べたほうが良い物も何も見つからなくなっちゃいます。
DSC06454.jpg

あくまで自分の感覚を大切にするということ。
この感覚を取り戻すのが一番難しい気もしますが(・_・;)
DSC06460.jpg

そして究極はこの「生命と身体」という2点だけは全人類(生き物全てかな?)に共通なので
それを基準に生き方・食べ方を考えてみる・・・。
DSC06459.jpg

生き方や食を考える時にヒントになることがあります。
私達のご先祖様たちは食べ物を求めて旅をして来ました。

長沼さんいわく「ヒトは生きるために食べて、旅する動物」なんだそうです。
(通勤も食べるための移動とも取れます。)

そんな大移動を終えて辿り着いた日本という島国。
ご先祖様たちはそこの風土が自分たちに良いと感じ、食べ物も合っていたから定着したはずです。

これは私の感想なんですが、「風土が合っていた」というのは
すごいことなんじゃないかと思うんです。

ちゃんと適応して子孫を増やしてきたということは食べ物も合っていたということ。
戦後急に欧米の食や輸入全盛の時代に入りましたが、
たぶん私達のDNAがびっくりしているんじゃないかなぁ?と・・・。

若杉おばあちゃんの本にも「昔のヒトはもっと元気だった」という記述が多く見られます。
それには根拠のある数字もあります。
子どもの骨折の増加、虫歯の増加、アレルギーやガンの増加・・・。

動物性食品が良い、悪いとかではなくて、身体が追いつけないというか、
腸の酵素や菌たちが対応しきれてないんじゃないかと思いました。

長沼さんのスタンスはいつも全てに中立で「生命と身体」を基準に話されるから
「これが身体に良い!悪い!」なんて二元論の話はされないんです。

私も見習って狭い視野で考えないように心がけています。
だから何が悪いではなくて、「風土に合った」物を忘れていることが
もしかしたらアトピーやアレルギーなどの原因の一つなのかもと思いました。

じゃあ「日本」ってどんな背景のある土地なんでしょう?

それも自分たちのルーツに思いを馳せていくと見えてくるそうです。
すごく面白いお話が続きましたが、長くなるので次回にしたいと思います。

お楽しみに(^^)
関連記事
スポンサーサイト


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Other
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor