若かりし頃・・・くうさんの三大疾病対策

つれづれなるままに・・・ちょっと昔のことを思い出していました。
くうさんはとにかく弱くて運動神経ゼロだし、大病こそ物心ついてからは無いですが、
普通の人に比べたらずいぶん学校も休んでましたねぇ。

とりあえず若き頃、くうさんの三大疾病がありました。

①高校時代や浪人時代はほぼ毎月のように扁桃腺を腫らしていました。
②偏頭痛で寝込むことも月に一度はありました。
③子供の頃から膀胱炎にもすごくなりやすかったんです。
(男性の方に誤解無きように言っておきますが、不衛生にしているわけではありません。
女性は抵抗力が弱っていると風邪と同じで罹りやすい病気のひとつなんです。)

すぐに扁桃腺を腫らしてちょこっと熱を出しながら予備校に通う毎日。体力がないから勉強の集中力もない。
一度咳が出ると2ヶ月は止まらない・・・。

勉強も体力勝負だと思うんですよね。(本人にやる気が無ければ別ですけど。)
だから小さい頃から塾なんて行かないで遊び倒して元気で体力のある子に育てるのが一番大事だと思います。
尾木ママならぬ、くうママ(笑)脱線しましたね。戻ります。

社会人になってからも度々高熱を出しては休んでご迷惑をおかけしました。
28歳くらいから東京でフリーター生活になったので、休みはダイレクトに収入に響きます。
一番ひどかったのは31歳の時に約1ヶ月ほど風邪をこじらせて仕事も出来ずに寝込んでしまった時です。
切なかったです。

そしてこのブログのきっかけと言えるのが胃の不調でした。お陰様で食べても太らなくなってしまいました。
もちろん太るより悪いことです!胃腸がちゃんと栄養を吸収してないってことですからね!
現在も胃の調子には改善の余地ありです。でも、悩むのが一番よくないので、ゆっくり焦らずに治していこうと思ってます。

さて、健康オタクになるきっかけはいろいろあったんですが、ちょうど1年前に我が家にインターネットが導入されたことは今にして思うと革命でした。分かってます、相当遅い革命です(笑)
「アレがいいぞ。これがいいぞ。」ってどんどん情報通になっていきました。

では、現在どうかというと・・・
①以前よりは風邪をひいても高熱が出て長引くといったことがなくなりました。

風邪に関しては、やはり何度か書いてきたんですが、「甘い物(白砂糖)」を減らしたり、GI値の低い物を食べてからおやつを食べるようにしたことが一番効果があったと思います。
白砂糖は血液を酸性のドロドロ血にします。糖をエネルギーに変換するときには大量のビタミンB群やミネラルも消費してしまいます。そしてショ糖を栄養に腸では悪玉菌が増え、デトックス出来ないし、抵抗力が弱って風邪もひいてしまうんです。

GI値は値が高い食べ物ほど血糖値を急激に上げます。
例えば、ブドウ糖を100とすると、葉野菜類が0~25くらい。
グラニュー糖110、上白糖109、果糖22などです。
血糖値の急上昇はやっぱり糖尿病の心配も出てきます。「糖化」といって細胞を要するに老化させます。

そんな事とは露知らず、例えばケーキをもらったりしたら「夜食べると太りそうだから朝にしよう。」
なんて朝食にしたりしてきました。知らなかったとはいえ、すごく体に良くない食べ方をしてました。

ケーキやお菓子を食べないのが一番いいんでしょうけれど食べたいですからねぇ・・・。
量や順番を守るだけでずいぶん風邪の回数が減った気がします。
調子が悪くなったらお菓子なんて食べないで生姜入りお味噌汁や葛湯です。

今までが風邪ひき回数が多過ぎたのもあるんですけど(笑)

②偏頭痛は今ではあちこちにありますが「整体」や「骨盤矯正」に行くようになったことも
改善した要因のひとつだと思ってます。
20代前半の頃まで「整体」なんて聞いたことがなかったですよ!
でもおかげで正しい姿勢の大切さも知ったし、実際に施術してもらって体調が良くなりました。
いい時代になりましたよ~。もっと若い頃から知っていたかった・・・。
姿勢の大切さは数十年前に比べたらずいぶんと認識されてると思います。
整体に頼らなくてもこれからも猫背にならないように気を付けましょうね!

あと、若い頃の方が何でも良くも悪くも真剣に悩んだり考えたりするからストレスも多かった気がします。
「歳とともに丸くなる」っていいますが、ストレスになりそうな事もツルンと角に引っかからずに
流せるようになってきたのかもしれないです。

③最後の膀胱炎について。
これだけは30歳くらいを最後に罹ってません。少なくとも病院に行くとか薬を買うとかしてません。
ものこころ付いた小さい頃から罹ってたのに不思議とピタッとなくなりました。
そのきっかけなんですけど・・・本屋さんでのちょっとした立ち読みなんです。
本のタイトルは忘れたんですが、作者はドイツ人でした。
内容としては「病気は心の状態や生き方が現れてる。だからそれに気づけば解決出来る。」みたいな感じで
たぶん「膀胱炎」については「心が冷たくて体が冷えてるからなる病気・・・」みたいな記述でした。
それを読んだだけなんですけど・・・。

当時なりに自分のちょっと「ジコチュー」なイヤな自分に気づけたというか・・・。
すごく思いあたって反省したんですよね。
それ以来、一切膀胱炎にはならなくなりました。
本当に今でも不思議です。でも、本当なんです。

今も胃の調子が悪いって書きましたが、何か気付けてないことがあるのかなぁ・・・?

病気が教えてくれる、病気の治し方




何年も前のことで覚えていないんですが、ドイツ人著者でこれが見つかりました。
私が読んだものと違ったらごめんなさい。まぁ、こんな本もあるのでご参考までに・・・。
私もいつか読んでみようと思います。どうも絶版から最近復活した本みたいです。

自分の不調を治すきっかけやヒントってどこにあるか分かりません。
くうさんも以前より元気になったと思います。
みなさんもいろいろ探してみてくださいね。
関連記事


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 


スポンサーサイト

                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor