スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

若杉おばあちゃんのパワフル講演会in渋谷 その三

こんにちは!くうさんです。

さて、講演会のお話も今回でまとめようと思います。

お弁当をいただいてから午後の部が始まりました。


午後の部のタイトルは「食で身体を立て直す決心をしよう」でした。
すごいタイトルですね(笑)

でも内容としては午前と同じく食養の知恵や若杉さんの身近な人の経験談などでした。

一応スローガンとしては・・・
「命を縮めるような物を食べるな!」
「お米と調味料にはお金をかけよう。(他はシンプルに)」 でした。

自分が確立してない人、考える力がない人ほどあれこれ欲しがるんだっておっしゃってました。
う~ん・・・なんか分かる気がしますね。

この講演でも使わなくなった布団で作った服を着てるおばあちゃん。
そこまで質素になれるか分かりませんが、そんなシンプルで物欲のない姿も憧れます。

あ、脱線しましたね。さて、午後はこんなお話から始まりました・・・。

まじめに勉強するのもいいけれど、やっぱり先ずは笑顔でいることが大切。
「笑って血を巡らせていかないと病気になるよ~!暗い顔してたら毛穴もふさがって
血も巡らなくなりますよ。笑う門には福来るんですよ。」

お昼休憩中もいろいろと質問されたりもしてたからでしょうか?
深刻に病気で悩んでいらっしゃる方も来られてるみたいでしたからね。
確かに心の持ち方も大切ですからね~。笑顔、笑顔!

では、そんな笑顔のために健康のために、いろいろ教えていただいたことを書いていこうと思います!

1:梅干を積極的に食べましょう!
梅干は「食の毒、水の毒、血の毒を消す」と言われているそうです。
水の塩素やフッ素、動物性食品の毒(窒素)を消すのでほんとうに塩で漬けた梅干を食べて
欲しいと話されてました。
なぜか「らっきょ」の話も出てきて「梅干一粒とらっきょ四粒で医者いらず」と昔は言ってたそうです。
らっきょも体にいいそうですよ。今度、甘酢漬けでも作ろうと思います。

梅干って食中毒予防にもなりますしね。ちなみに頭痛の時はこめかみに果肉を貼るといいそうです。

2:「朝一番に塩水を飲め」とは昔の人が言った健康法だそうです。
要するに、お味噌汁や梅醤番茶ですね。

「朝から牛乳とパンなんて血がドロドロになるよ!」とも・・・。
そうなるとドロドロ血液の人がほとんどじゃないでしょうか?(笑)

でも、これは「成田美和」さんというエステシャンの本に書いてあったのですが、
「牛乳(乳製品)などは粘液の分泌を増やすので鼻炎の人は鼻水がひどくなるので止めた方がいい」と。
アレルギーや花粉症の方はちょっと控えた方がいいかもしれません。

3:塩分と言うと血圧が気になる人も多いと思うのですが、若杉さん的にはやっぱり「適塩」
人には必要なので、高血圧が気になる時は食養で下げればよいそうです。

その方法が・・・
その一:乾燥しいたけを煮出して煮汁をおちょこ2杯分ほど空腹時に飲む。

その二:沸騰させたお湯に根昆布を入れて一晩おく。その水を朝の空腹時に飲む。

その三:りんご(出来ればすっぱい紅玉)をすりおろして、レモンをしぼり空腹時に飲む。

上の三つのいずれかをすればいいそうです。

安保徹先生も「血圧はその人が元気で調子が良いなら、それがその人の血圧。
医者が勝手に決めたラインなんて気にしなくていい」と言われてたのを思い出しました。

とは、言ってもね、お医者さんに脅されたら心配でしょうね。
私は低血圧気味なので気持ちが分かりませんが、高血圧で通院してる方などは
上の方法も是非試してみてください。

4:やっぱり一番強調されていた問題が「低体温」でした。
人は「36.5℃」が理想の平熱ですが、今は35℃台の人が多いし、それでは病気や不妊の原因になってしまいます。

「米はその性、温なり」「小麦はその性、微寒なり」「大豆はその性、寒なり」と古文書にもあるので、
いつもいつも同じ物を食べないことや、お米を主食にすることの大切さを強調されていました。

体温が上がれば免疫力も上がりますからね。
よく分からないサプリよりやっぱりご飯や雑穀をどんどん食べていこうと思います。

サプリで思い出したのですが、別のブログ(代替医療の先生をされているようです)で読んだ話です。
その方、「女性ホルモン類似作用」のある植物性のサプリの宣伝を見かけたそうです。
そしてそのハーブはイソフラボンどころではない効果があるそうです。
豊胸、美肌、妊娠しやすくなるなど・・・・。

ところがそれだけ強烈というか多量の「ホルモン(似た物)」を若いうちから摂っていると
結局最後は自前の「女性ホルモン」が出なくなってしまうそうです。

それを知らないで20代から「胸を大きくしたい」なんて理由で飲んでいると大変なことに
なるそうですよ。
ちょっと脱線しましたが、サプリもやっぱり宣伝だけで飲むのは怖いですね。

そう言えば講演会の最後の方で「鶏のような毎日卵を産むホルモンの多い動物の
お肉を摂り過ぎてはいけません!」と言われていました。
(正直、おばあちゃんの言い方は「絶対食べるな」でしたが・・・。)

その時はよく分からなかったのですが、上のブログの話とも通じるところがあるのかもしれません。

あ~まだまだいろいろと食養というか民間療法の面白いお話も聞いたのですが、
あまりに長くなりそうですので、これからのブログにちょっとずつ紹介していこうと思います。

でも、質問タイムで出たこの二つの疑問は皆さんも気になるかもしれないので書いておこうと思います。

最近流行の「酵素サプリ」ですが、おばあちゃんによると
「ただの果物や砂糖で出来た陰性なジュースですよ!止めなさい!」とのこと。

大量のお砂糖の浸透圧でエキスを抽出する製法の物が多いみたいですね。
そうではない製品もあるかもしれませんが、私もそんなに砂糖を使ってるなら飲まないなぁ・・・。
食べ物から摂りたいですね。

あと、「酵素玄米」もおばあちゃん的には全否定(笑)
「3日間も腐らないなんて不自然なものがいいわけない!
それに昔は小豆は毎月一日と十五日に食べるものだったんですよ。
小豆は体にいいけれど、毎日食べるのもまた逆に毒ですよ。」との見解でした。

う~ん、まぁ若杉さんの意見も参考にしてください。
私は圧力鍋や圧力炊飯器もないので食べる機会は少ないですが、最近は自分で土鍋ご飯を炊くだけで
美味しいのでそれで満足かな、と思っています。

ほかにもアトピーの話、リウマチの話、野草やマコモの話などなどいろいろありましたが、
また別の機会に書いていきますね。
お付き合いいただき、ありがとうございました。(*´▽`*)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

若杉おばあちゃんのパワフル講演会in渋谷 その二

こんにちは!くうさんです。

GWですね~。祝日も関係なく働いてる方、お疲れ様です。
そしてお休みの方は、楽しんでくださいね!

私もカレンダーとおりにお休みでして、さっそく自然食のお店を2件ほど回って来ました!
美味しかったですよ~( ^∀^)後日ご紹介しますね!

それにしても、最近とっても元気です。
土鍋のおかげか、普通のお菓子は止めたからか?!
とにかくありがたいことです。

少しずつ自信を持って「御飯とお味噌汁生活」をオススメ出来るようになってきた気がします。
本を読んだ知識や誰かのブログで得た知識でもちゃんと自分で実践しないと
本当に効果があるか分からないですからね。

さて、前回の続きで若杉おばあちゃんの講演会のお話を書きたいと思います。



上の写真は「窓の向こうの木々の葉までちゃんと見えるんよ。」と話されているところです。

前回書いたようにとにかく農耕民族だった大昔からご先祖様が食べてきた「お米(穀類)」を食べるのが
健康への近道というお話だったのですが、それはなんとなく納得出来ますよね。

人はなるべく体質を「中庸」に保つことが大切で昔は「頭寒足熱医者いらず」と言ったそうです。

そのためにはまず江戸時代の文献でも書かれているように「米はその性、温なり」で、
お米を中心に食事をすることが一番いいのだと強調されていました。

主催のメダカのがっこうの理事長さんがおっしゃってましたが、
若杉さんの健康法はもうシンプル過ぎて一日かけて講演してもらわなくてもいいような内容なんですが、
それを知らない日本人が増えてしまったことが問題なんですって。

戦後70年で染み付いた習慣を急に変えると言うか、原点に還れと言うのは
難しいと感じるかもしれませんが、取りあえず「和食メイン」で多くの人が健康になれたらいいですね。

講演会を通して私が感じたことなんですが、
おばあちゃんにとっては戦前の方が日本人は逞しくて元気だったみたいです。
だから(DNAレベルから考えれば)たかだか70年でも食生活が変わってしまったことが
医療費の増大や二人に一人がガンになる時代の根本原因だと思われてるんだと感じました。

ストレスとか環境ホルモンなど他にも要因はあるにしても、
実際に生きて今までの日本を見てきた方が感じることなのでおばあちゃんの感じてることが
私たちに全く参考にならないとは思えません。

ところで午前の部のタイトルって実は「食べて欲しくないものとその理由」でした。

若杉さんによると、お医者さんも大切だし、薬もありがたい物です。
でも何より大切なのは「病気にならない生活」をすることが大切!

「病気になってから治す時代ではない」と強調されていました。

ご本人曰く、「企業・医療に頼らない生活ってす~ごく幸せ!」なんですって。
そうですよね。健康が一番に決まってますから。

そんな「自分で自分を守る」ためには「食の陰陽」を知って
「食べていいのか、悪いのか」を判断出来るようになることが基本です。

私も知らないことだらけでしたが、具体的に上げてもらった例などを書いてみます。

まず「もやしやカイワレ大根などの未成熟な物を食べると元気になれない
未成熟な物はとても陰性で、病気に人が食べるとますます悪くなるそうです。

昔の人は「はしりのものを食うと死に急ぐ」と言って、未成熟な物を食べると寿命を縮めると
言ったそうです。昔はカイワレ大根やもやしも見かけなかったとか。

若杉さんの勇気ある(笑)お知り合いがもやしばっかり食べたらどうなるか実験したそうです。
その方はしばらくして視力が突然落ちて気力・体力が衰えてしまったとか。

元気な方ならもやしを食べて急に体調が悪くなったりしないでしょうけれど、
是非参考にしてください。(^_^;)

それと、子供を授かりたい女性は未完熟な物は絶対食べないで!とのこと。
う~ん、結婚とかしたらもやしやスプラウトは控えることにします。

ちなみにタラの芽なども旬に少し楽しむ程度にしないと逆に毒だとおっしゃってました。

次に「お酒」についてですが、「飲むなら純米酒にしましょう
アルコールを添加してかさ増ししたようなお酒では百薬の長にはなりません。

それにお酒は陰性なので、魚(陽性)をつまみにしたのはとてもいい組み合わせだったそうです。

今は「ビールと枝豆」なんて組み合わせが主流ですが、これは陰性と陰性同士の組み合わせで
体にはとっても悪いそうです。お酒好きの方は気をつけてくださいね!

他にも「旬の魚とポン酢」などは陽性と陰性でいい組み合わせになります。

こんなふうに陰陽が分かると面白いですね。
こうした陰陽を知るためには是非「桜沢如一」の本を読んで欲しいともおっしゃってました。
興味のある方は是非読んでみてくださいね。
でもすごく難解らしいので、私も躊躇してます(笑)

ほかには
「無精卵は絶対食べてはダメ!」
「ヨモギは素晴らしい野草で、いろんな薬になる」
「味噌のレシチンがコレステロールを溶かすからお味噌は食べて」などのアドバイスが続きました。

最後は質問コーナーでした。

「健康のために毎日オリーブオイルを飲んでるのですが、いいでしょうか?」という質問がありました。
答えは「絶対にダメ!」だそうです。
オリーブって大きな実で陰性です。油自体が陰性なんだそうで、
「飲むなんて有り得ない!」と驚かれてました。
「使うならごま油か菜種油!亜麻の油も身体にいいよ。
でも身体にいいからって飲んだりしないで!」とのこと。

調味料というか油は料理で使う程度が身体にもいいのであって、度を超す量を取ってはいけないんですね。

あと、何かウイルス感染の病気の方からの「食養はウイルスにも効果がありますか?」という
感じの質問がありました。

若杉さん曰く「わたしゃ医者じゃないからねぇ。でもね、身体にいい塩気があって
陽性なら大丈夫と思うよ。風邪でも感染る人と感染らない人がいるでしょ?
それは体が陽性か陰性かで違って来るんですよ。」と。

陰性な物を食べてる人は風邪もひきやすいそうです。パン食も陰性になります。陰性は体を冷やすんです。
だから私は忙しい時や体調を崩すわけにはいかない時ほどストイックにパンはストップするようにしてます。

あとは、「減塩信仰」を心配されていました。
人には適塩があります。梅干やお味噌汁や醤油で「いい塩気」を取り入れないと病気も治りません。
ただ、お肉を食べてるとナトリウム分の多いお肉のせいで塩分摂り過ぎになるそうですので、
お味噌汁やお醤油を控えたりするくらいなら先ずはお肉やバターみたいな塩分たっぷりの物を減らして
和食で「適塩」を目指してください、とのことでした。

「塩分の摂り過ぎ」については若杉さんの本に出会うまですごく疑問だったんですよ。
彼が入院した時に看護師さんに「お味噌汁は一日一杯にしないと塩分の摂り過ぎになる」と
言われたそうです。もう、6年くらい前のことですが・・・。

健康オタクになる前の話ですが、その時、ものすごく疑問だったんですよね。
「じゃあ、なんで昔の人は平気だったんだろう?」って。

答えは「お肉」だったんですよ。
食品をナトリウムが多いか、カリウムが多いかで陰陽も分けるそうですが、
お肉なナトリウムが多い極陽性だったんです。

それを食べてない昔の人は確かにお味噌汁やお醤油で「塩分摂り過ぎ」にまでは
発展しなかったんでしょうね。もちろん、人によるとは思いますが・・・。

まだ昼の部のお話が書けていませんが、今回も長くなってしまいましたので、
次回以降、書いていきたいと思います。m(_ _)m

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

若杉おばあちゃんのパワフル講演会in渋谷



こんにちは!くうさんです。
さて、もう最初の写真のとおりでございます。
4月28日に渋谷で開催された若杉おばあちゃんの講演会に行って来ました!

今回はこのブログを通じてメールのやり取りをしていた同じ神戸出身の「かりんさん」と一緒です。
・・・と、言ってもいきなり開始の10時ギリギリに到着して初対面の彼女を待たせてしまいました。
ごめんなさいm(_ _)m

しかもおかげで会場に入ると後ろの方の席しか空いておらず、私のデジカメでは上の写真がズームの限界。

正直なところ、定員200名の講演会と聞いていたのですが、
「そこまで集まるのかなぁ?有名って言っても一部の人しか知らないんじゃない?」と
たかをくくっておりましたら、ほぼほぼ満席!(午後の部は確実に満席でした。)

神戸の方からメールをいただいたんですが、4月中旬の神戸で開催された講演会も
300人の会場が満員だったそうです。

本などメディアの力ってすごいですね。
そして若杉さんの教えてくれる食養に興味のある方が沢山いらっしゃるってことですね。

まぁ~おばあちゃんの元気さを見ているとやっぱり「和食メイン」で生きていこうと思わざるをえません。
確かに見た目はシワも刻まれた日焼けした精悍なお百姓さんです。

でも、ハツラツとした声、滑舌の良さは76歳とは思えません。
なんでも今、毎月1回NHK京都が取材に来るとかで頼まれて
小さな文字の「辞書」を読んでみせたそうです。

元気でいれば目も悪くならないんだと言ってました。
おばあちゃんより一回り以上年下の母はすでに近くや小さい物が見えない見えないと
嘆いていたのを思い出すとなんだか悲しくなりましたよ(ToT)

さて、今回の講演会で改めて若杉さんの教えてくれている健康法が分かりました。

それは・・・
『悪い物は食べずに、良い物を腹八分目』
『お米を食べなさい』

 
超シンプルなことでした。

悪い物とは添加物や農薬をまかれた野菜たちのことです。
除草剤と簡単に言うけれどベトナム戦争で使われた「枯葉剤」と同じことでとっても危険!

結局のところ「農薬イコール石油」であって「あんたたちは石油をかけた食べ物食べてるんですよ!」と
警告されていました。

実際に身近な農家さんでも農薬を使用する家の方が
ガンなどにかかる方も多いと嘆いていらっしゃいました。

農薬ってほんとに怖いネオニコチノイド系などありますが、消費者の私たちはよほど調べるでも
しない限り自分の食べてる野菜の農薬のことなんて分かりません。

でも「危機意識」みたいなものは持っておこうと最近は思っています。
「大丈夫なんじゃないの~」と目を向けずにいたら企業は
どんどんと安心安全よりも利益を追求しますからね。

需要がある物が生産されていきますから、出来る範囲で安全な物を選ぶ努力をしたいし、
皆さんにもお願いしたいです。子供たちのためにも・・・。


そして食べるべき物はこの日本を作ってきたご先祖様たちの主食である「お米」が一番!
玄米でなくていいんですって!分づき米を土鍋で炊いて具沢山のお味噌汁とお漬物で十分ということ。

しかし先日妹に「若杉友子教にはまってる」なんて揶揄されたのですが、
実際のところ、若杉さんが語る食生活は欧米文化が入る以前の日本の伝統的食生活

若杉さんが影響を受けたマクロビの創始者「桜沢如一」さんも海外の研究者に
「どうやって研究したんですか?」と聞かれて、
『私は研究してません。日本の伝統食を紹介しているだけです。』と
答えたというエピソードも残っているそうです。

現代の私たちが聞くとおばあちゃんが作った健康法のように聞こえるのかもしれませんが
実際のところは何も新しくない内容なんだそうです。とにかく御飯とお味噌汁!

確かに栄養が満ち足りて健康になるなら現代のように二人に一人がガンにかかるのは矛盾してますね。
「何を食べるか」ということは今、真剣に考えなければいけないことになってきているのかもしれません。

戦後70年ほどでパン食文化も浸透しています。私も何の疑問もなく食べて来ました。
いや、食べたっていいと思いますよ。人それぞれですから。私だって食べる時もあります。

でも、ほんとに体のことを考えたときにどちらが「力」になるかを考えないといけないんですね。
理由なんて書かなくても少し考えればみなさんも分かると思います。

若杉さんも「教えられるんじゃなくて、自分の体で感じなさい!」って怒ってましたが
それはほんとに大切だと思います。
万物は陰陽があります。食から人生から全てにおいて・・・。

これは勉強しがいがありそうです。(^_^;)


私は自分の中でいろいろと納得してパンもほとんど食べるのを止めました。
御飯やお餅とお味噌汁で朝食を食べ、お弁当も日の丸弁当とちょっとしたお惣菜。

母が「お医者さんから塩分を控えろと言われているから」と敬遠する梅干も毎日食べています。
梅干を食べずにベーコンの厚切りやハムを食べてる時点で矛盾してるんですが(笑)

一汁一菜生活。これがねぇ~!今のところ良い感じです。( ^∀^)
月一ペースで腫らしていた扁桃腺も痛くも痒くもなくこの数ヶ月を過ごせています。
これに気づいてから「やっぱり和食生活って良さそうだ!」と確信に変わりました。

動物性タンパク質や乳製品がアレルギーの原因なのはもうマクロビでなくても分かっている話ですが
若杉おばあちゃんのインパクトが強すぎて世の反発も大きいかもしれませんね。

そこが気にいらない人は無視してもらっていいので「和食」や伝統的な発酵食品にもっと目を向けて
もらえると健康への近道が見えてくるんじゃないかと思います。

ちょっとイントロだけで長くなってしまいました(^_^;)

次回以降、教えてもらった具体的な食養や手当法についてもご紹介していきますね。

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

野草の力をいただいてまいりました!

こんにちは!くうさんです。

先日は家の近所で買った玄米が発芽せずにがっかりしたのですが、
今回買ったお米はちゃんと発芽しました!安心( ^∀^)

でも、写真取るのを忘れてしまったんです。
チョコっと胚芽が立ち上がって可愛かったのに!!

買ったお米は2回目の利用となる「自然派きくち村」の自然栽培のお米「砂田米」です。

理由は安かったことと、自然栽培1年目ということで応援の気持ちもあって選んでみました。

あんまり味にこだわりがなくて「美味しい」としか表現できない私ですが、
いろんな自然栽培のお米を買ってご紹介するのもアリかと思っています。

TPPが始まるとこうしたまじめな農家さんが安い輸入米に押されて廃業とか増えると
言われていますが、ちょっとでも消費者としては減らないで欲しいので
買ったりするしか応援出来ませんが・・・。心配ですね。(ーー;)

ところで、3月末にメダカのがっこうで開催された「野草料理教室」に参加して来ました。
場所は栃木県茂木にある仲澤農場「まほろばの里」。

またまた7:30にお米ダイニングに集合して遠足です。(笑)
しかしあいにくの曇り空。小雨も降ってめちゃくちゃ寒い一日になってしまいました。

でも東京で野草を摘むのは難しいだろうし、一度は食べてみてもいいかな?と思い、参加!
特に「野草の王様:ヨモギ」を食べてみたい!

雨も降ってお土産を摘む余裕はなかったのですが、料理教室用の野草を手分けして摘みました。

DSC02965.jpg
棚田が広がります。迷いこんだような山奥ですが、農場では沢山の方が働いていらっしゃいます。

DSC02964.jpg
私たちはその農場の道端の草を摘みます。ほんとに「道草」!

自生ヨモギ
ヨモギはけっこう沢山生えてました。

自生カンゾウ
カンゾウという甘い草。漢方薬の甘草とは種類が違うらしいのですが、美味しかった!

こんなふうに根元しか食べないんですが、この後、絶品の酢味噌和えに変身します。
カンゾウ

カラスノエンドウ
カラスノエンドウです。
小さい頃に「ピーピー豆」と呼んで摘んでた気がします。食べたりはしなかったけれど・・・。

DSC02920.jpg
こちらは「ハコベ」です。わんさか生えてましたが、雨で写真が取れず・・・。
これは母乳の出を良くするそうです。灰にして歯磨き粉にすると歯周病に効くとも言われてます。

たんぽぽ 2
上の写真は何の葉か分かりますか?「たんぽぽ」の葉なんですよ!
これは都会でも見かけますが・・・取って食べれるのはこの山奥だからだなぁ。
「たんぽぽのペペロンチーノ」に使われました。

笹の葉を黒く焼いてそれを煮出した笹の葉茶をいただいたりしながらなんと8品の調理開始!

先ずはたいていの野草は茹でてあく抜きします。
あくが強い物は茹でた後に醤油洗い。
これは水:醤油を7:3くらいで割って醤油水?を作ってここに10分くらいかな?野草を浸けると
「あく」が出てきます。あくも摂り過ぎると腎臓を痛めるんですって。

これはヨモギを茹でているところ。ヨモギは醤油洗い不要みたいです。
茹でヨモギ
これをすり鉢ですってヨモギ団子やヨモギごま豆腐に使われていきました。

ツクシ
つくしはよく洗ってハカマを取ります。頭の胞子もなるべく洗い落として・・・。
これは茹でずにそのまま炒め物になりました。
つくしは植物でも一番カルシウムが豊富なんだそうですよ。

つくしもごま油で炒めて、味付けは醤油のみと超シンプル!

いろいろ手分けして作ったのですが、一番家でも出来る料理が「野草のごま油味噌」でした。
「野草の」の部分をごぼう、人参、れんこんやマコモなどの根菜類に置き換えても作れます。
いい保存食だし、ご飯が進む、進む!

作り方は簡単で、米粒サイズを目指して野草を切り刻みます。
(カラスノエンドウ、カンゾウ、ハコベ使用)
そしてごま油を入れたフライパンで炒る。
ごま油味噌

一気にかき混ぜると水分が出てくるそうですね。ゆっくりジワジワ焼くというか・・・。
がさつに一気にかき混ぜながら炒めることしか知らなかった私には目からウロコでした。

火が通ってきたら味噌を入れて焦がさないように混ぜる。
ごま油味噌2
味噌は2種類以上使うと美味しいそうですよ。

ほんとにアウトラインだけのご紹介でしたが、出来上がりがこちらです。

DSC02962.jpg

左端がヨモギ団子、その隣がヨモギごま豆腐と野草のごま油味噌、
次がつくしの炒め物とカンゾウの酢味噌和え、右端がたんぽぽのペペロンチーノです。

これに・・・
DSC02963.jpg
ヨモギのすまし汁

ヨモギのおにぎり
ヨモギ入りおにぎり(ご飯は出汁と醤油で炊いてあります。)

ほんとに料理を紹介するのって歯がゆいです!美味しさが伝えられないですから!
どれもほんとに美味しくて、つくしなんて醤油だけなのになんで?ってくらい美味い!(*゚▽゚*)

ごま豆腐もめちゃくちゃ美味しくて・・・。
材料は、ヨモギ、塩、市販のゴマペースト、吉野葛、昆布出汁と水。

ゴマペースト:吉野葛:昆布出汁:水=1:1:1:4 の割合で混ぜて塩で味を調整して
冷やし固めたそうなのですが、これも絶品!

昨日は近所の豆腐屋さんで「ヨモギごま豆腐」が売ってたんですが、材料がいろいろ添加物だらけで
ちょっと悲しくなりました。(゜´Д`゜)自分で作れということでしょうね。

とにかく「野草」を何種類か覚えることが出来ました。
これで何かあっても生きていけそうです(笑)

次回は7月7日に夏の野草で教室を開催予定らしいですよ。
けっこう遠いし、大変かなぁ?と思う半面、行ってみたいなと思うのでした。
やっぱり食い気は一番の欲望ですね(笑)

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

美味しい食養とかんたん手当法 その二

こんにちは!くうさんです。

さて、前回「美味しい食養とかんたん手当法」に引き続きまして食養セミナーのお話を書きます。

早速ですが、「食養」ではとても有名や薬膳である「甘い野菜のスープ」

材料:
玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんのみじん切り 各1カップ
全量の3~4倍の水
DSC02846.jpg

作り方:
1:鍋に材料の書いた順に重ねて野菜を入れる。
DSC02847.jpg

DSC02848.jpg

DSC02849.jpg

DSC02850.jpg

ほんとにこんなふうに重ねて入れます。
陰性の野菜から入れていくんです。

2:静かに水を注ぎ、火にかけて沸騰してから2~30分弱火で煮出す。
この時は少し中身が揺れる程度。グラグラと煮えたぎらせたりしないこと。
DSC02851.jpg

3:熱い内に濾す。冷蔵庫で2~3日は保つそうです。
DSC02865.jpg

これは、低血糖の特効薬で1~2週間は朝晩飲んで、それからは少しずつ減らしていきます。
なんでもずっと続けるのはダメなんですね。

効能は、
甘い物、コーヒーが止められない人、低血糖、すい臓の疾患、胃の病気、胸焼け、
アルコール依存、薬物依存、陰陽のバランスを整えたい人、食欲の正常化、
不妊、お腹の赤ちゃんの発育、美味しい母乳のため等など。

精神病、神経関係の病気全般にも良いそうです。

以前にも書いたのですが、糖分(特に白砂糖)の摂り過ぎはすい臓を疲れさせ、
ホルモンバランスを崩します。これが精神の安定を損なったりするそうなので
野菜の穏やかな甘みで血糖値を正常にキープすることがいいのかもしれませんね。

おすすめのおやつ」も読んでみてください。

おやつではありませんが、食間や昼下がりに飲むと良いそうです。
野菜もカブや大根など好きな旬の野菜と置き換えてもいいそうです。

濾して残った野菜はギョーザの具にしたりして食べられます。
今回はこんな野菜入り蒸しケーキを作ってくれました。
DSC02871.jpg

でも野菜を大量にみじん切りにするのも大変!
普通の野菜スープでもいいから野菜の甘みでお砂糖への欲求を減らせたらいいかなぁ、とも思います。
それでもいざという時のために覚えておきたい一品ですね。

次は食べられませんが、「豆腐パスター」「青菜パスター」です。

材料:
木綿豆腐(よく水切りしておく)1~2丁
小麦粉 適量

作り方:
1:豆腐を崩して、小麦粉を加えて練り混ぜる。(後頭部に使う時は生姜を加えてもよい。)
DSC02857.jpg

2:ガーゼに適量の1で練った豆腐をのばす。
DSC02859.jpg

3:ガーゼにくるんで患部にあてる。
DSC02861.jpg

これで、陰性の豆腐が陽性な酸化した熱を吸い取って熱を下げてくれます。
「陽性な熱」とは夜になるほど上がる熱です。だから夜に高熱が出たら使えます。

めちゃくちゃ効果が強いので、乳幼児はNGです。38度以上の熱に使用して下がったら使用中止します。

怪我や火傷に貼ってもいいし、小麦粉と練ってる余裕がなければ薄く切った豆腐を
おでこに貼るだけでも解熱効果があるそうです。

豆腐って栄養がすごくあるとは思うのですがそれだけ「体を冷やす」食べ物なので
気をつけて取らないといけないんですね。真夏以外は湯豆腐やお味噌汁の具にしましょう。(ーー;)


そして「青菜パスター」ですが、要するに青菜で頭をくるんで冷やしたりすることです。
DSC02864.jpg

熱をとってしなっとなったら葉を交換します。
これは38度を超えない熱、微熱の解熱やアレルギーによる炎症、乳腺炎、
やけどやかゆみに直接当てて沈静化させるのに効果があります。

DSC02863.jpg
これも頭が冷えそうです。(笑)

で、教室の最後はいつもお食事を出してもらいます。
DSC02867.jpg
若杉おばあちゃん直伝の「一汁一菜」なんですって。
一食はこれくらいでいいんだそうです。

DSC02868.jpg
小豆とかぼちゃのいとこ煮です。
私も作りますが、自分のよりはるかに美味しかったです。料理はまだまだ修行だな・・・。


実は先週の月曜に会社から帰っていつになくだるいので熱を測ると37度8分!
風邪の症状もないのですが、とにかく最近仕事も休日も忙しかったので疲れてたようです。

お~!これは試してみないと!と興奮(笑)

冗談抜きでしんどいのですが、取りあえずはパジャマに着替えて「第一大根湯」を準備。
そして食べるつもりだった小松菜を洗って枕にタオルを敷いて葉を並べました。
(豆腐は家になかったし、そこまで高熱ではなかったので実験出来ませんでしたが。)

大きめのお椀いっぱいの大根湯を飲んですぐに寝ます。

そしたら布団の中でどんどん熱くなってきて悪寒が消えていきました。
もちろんちゃんと寝付けるまでには時間もかかったし、
会社も翌日は眠かったので午前中だけお休みさせてもらいました。

ただね~、とにかくその後からが快調!メチャ元気なんですよ!
「青菜すげー!」としか言い様がありません(笑)

教室で先生が「薬でも解熱は出来るけれど、豆腐や青菜は毒素を吸い出してくれるので
治った時にスッキリする」とは言われてたんですが・・・ほんとにそうでした。

他にも虎の子の黒焼き玄米茶を飲んだり、食事を減らしたりしたのも効果があったのかもしれません。

だけど私の経験からすると不思議なほど治りが良かったです。
熱があると分かった時は「今週はMAXに忙しいのにどうしよう?!」と思ったんですが
おかげさまで仕事も一段落。ありがとう小松菜(゜´Д`゜)

熱が出るほど忙しくした自分も悪いのですが、みなさんもいざと言う時は試してみてくださいね。

他の記事も読んで下さると嬉しいです!

コメントしてみる

【アンチエイジング始めました】 



                                         

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット



About.me

くうさん

Author:くうさん

ようこそ!くうさんです!
兵庫県神戸市出身。
現在、東京都在住のアラフォー。
趣味:バレエ・英会話の勉強

もともと体が弱かったのですが、2010年1月頃から今までになく体調が悪くなり自分で治したいと思ったのがきっかけで健康オタク道を歩み始めました。
その間、オーガニックや東洋医学・心の持ち方などに興味を持ち、これから同じように「美しく、元気になりたい」方と情報シェアしたいと思います。
お気軽にコメントお寄せください。

Subscribe & Share
Recommend
Latest Comments
Latest Articles
Category
Sub Category
Search The Blog
Archives
Relax
↓青ボタンで再生、停止します。

ストレスが減るってすごく身体にいいことです ⇒ Part1Part2 Part3

ナレーションもBGMもない現地の環境音だけ
★WORLD - CRUISE★

色々な環境音を再生してリラックスできる
★SOUNDROWN★
Mobile-site
QR
Amazon
Favorite Link
【相互リンクのお申し込みについて】
アラフィフ突入につき・・・
マリオネットラインが消える日まで
オーガニックで楽しむ♪プチプラ美魔女生活
メンズ美容くらぶ.com
「サムライごはん」de自衛自炊
顔のしわ・たるみを取る方法 アンチエイジング研究所
こんなふうに生きるのが好き。
大人可愛いアンチエイジング
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。